祈りは感謝



大学浪人のころ、私は一人で小さな町に住んでいた。



予備校に付属した寮で生活していた。

テレビもダメ、音楽もダメ、門限は九時。

窓の一つしかない4畳の部屋は、見学したとき監獄に思えた。

予備校生活はそれなりに楽しかったが、

一年後の不安は消えなかった。

高校の友達は大学なり専門学校なりで、もう自分より先の言葉を話していた。



寮があった町には、駅の近くに商店街があって、

その中心に神社があった。

神社を取り囲むように、アーケードが流れており、

私はスーパーで買い物をしたり、カツ丼を食ったり、

洗濯物を抱えたりしながら、その神社に立ち寄った。


神社は広場のようになっていて、空が見えた。

デッサンをしているベレー帽の年配や、走り回る子どもたち、

円形を組んだ世間話の主婦たちと、そこには生活の風景があった。

私は、何ともなく神社の鐘を鳴らし自分の将来を祈った。

やがて、必要もなく神社に立ち寄るようになった。

段々と、試験が間近になり、毎日が慌ただしく濃厚になった。

私がその時胸に感じていたのは、意外だが「感謝」だった。

去年と同じ場所、そして去年では立てなかった場所へと、

年月の流れと多くのつながりが私を支えてくれていた。

またここに出ることが出来るのが有り難く、

何だか私の将来は私だけのものではないような気がした。

神社の鐘を鳴らし、私は色んな人に感謝した。

ありがとうございます。

精一杯やらせてもらいます。

どうぞ、元気で。

神社は、私にとって遠くのつながりとの出会いの場になった。

そっと手を合わせるたび、私は安心し強い気持ちになれた。

そうして、私は次のステージに移った。


今でも神社を訪れるたび、私は願い事はしない。

叶うことはただ叶うものだと思う。

そこは出会いの場であり、腰の紐を結び直す振り返りの場だから。

それまでの私につながる存在への感謝の場だから。

そうして、私はもう一度私になれるのだと思う。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。