精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」前編

1 / 3 ページ

後編: 精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

【追記】

このストーリーは、私の良い部分だけではなく、ダメダメな過去についても触れています。

なので、ダメダメ人間が嫌いだという人は、不愉快な思いをしてしまうかもしれませんので、読まない方が良いかもしれません。

(このストーリーを公開後、私のダメダメな過去について「お前はダメだ」というコメントを頂いたことがあり、もう過ぎてしまった過去をどうすることもできず、かと言って、ストーリーに嘘を書くわけにもいかないので、とりあえず、最初に注意書きを入れてみることにしました。)

まずは生い立ちなどから説明します

私は、現在36歳。性別は男ですが、実は・・・

生まれた時は女でした。

数年前にタイで性別適合手術を受けて、その後、日本で戸籍上の性別を男に変更しました。

みなさんにとっては、この話題の方が、びっくりすることかもしれませんが、

この話については、また次回するとして、今回は、私の家族の話をしたいと思います。



私が産まれる前から、母親には精神障害があり、奇妙な言動ばかり繰り返していました。

無論、私自身は生まれたときから、母親の奇妙な言動を見て育ってきていたので、母親の言動がおかしいということすら気づいてはいませんでした。


当時の精神障害というのは、病院に連れていくだけで、それはそれは偏見の目で見られてしまう大変な出来事でした。

なので、どんなに母親が暴れようと、腐れた物を食べようと、お風呂に何年も入らなくても、父親は病院には連れていこうとしませんでした。


父親は、仕事には真面目に行っていましたが、徐々にお酒に溺れるようになっていました。私が成人してからは、アルコール依存で何度か入院したりしています。


両親の他に、私には一回り歳の離れた兄と姉がいます。なので、私が小学校に上がるまでは、その兄弟に身の回りの世話はしてもらっていたようです。

ところが、私が小学校に上がる頃、育ての親であった姉が就職するということで家を出てしまいました。兄は家にいないことが多く、しばらくすると、家を出てしまっていました。


私はその時、まだ小学1年生にして、

精神障害で手に負えない母親とアル中の父親の元に置き去りにされてしまったことで、

人生の絶望感を味わいました。



家の中はゴミ屋敷でした。

押入れには、腐れた食べ物が隠されていました。ゴミ袋いっぱいに食べ物を買ってきては、溜め込んでいました。そこから虫がたくさんわいていました。

床は腐っていましたし、とても人が住める環境ではありませんでした。

臭いもものすごくて、後に大掃除するまで、実家を人に教えたことはありませんでした。

最近、テレビでたまにゴミ屋敷の特集なんかがやっていますが、あんなものは序の口というくらい、ずば抜けたゴミ屋敷でした。



父と母はとにかくケンカばかりしていました。

聞いた話によると、父と母は駆け落ちして学生結婚したらしく、その当時はかなり苦労したんだそうです。そこまでして一緒になった母がおかしくなってしまったということが、父親にはまだ受け入れることができない事実だったのかもしれません。



認知症の精神症状に多いパターンですが、一番身近な家族のことを泥棒だと思い込んでしまうという精神症状があります。

母もその症状がありました。父のことを泥棒だと思い込んでいました。自分は泥棒と一緒に住んでいる、泥棒から我が子を守らなければいけない、という強迫観念を強く持っていました。

そのため、私が父親と話をしたり、一緒にいるとものすごい剣幕で怒りだします。


また、私が一歩でも外に出ようとすると、気が狂ったように止めに来ます。たとえ、玄関でも、近づいてはダメでした。トイレに行くときも、トイレに行くと言って移動していました。

みんなの読んで良かった!