インドア×人見知り×怖がりの僕が、初海外で一人でインドに七週間行った話(第二回)

1 / 2 ページ

準備

今回は、インドのインターン先につくまでのごたごた(第一弾)を話そうと思います。

少し長くなりますが、お付き合いいただけると嬉しいです。

(すみません。本当は写真を載せたいのですが、なぜか僕のパソコンからでは写真がはれないので文章のみで失礼します。)


ここで、僕が参加したプログラムについて少し説明します。


・仕事内容:スラムの子供たちへの英語教育支援

・期間:45日間

・場所:Chandigharh(首都デリーから電車で四時間)

・アコモ:アパートメントのルームシェア

(2~3人部屋×3+リビング+キッチンの部屋がワンフロアに三個、合計25人くらいと共同生活)

・住人:世界各国の人々(うち半数くらいエジプト人。”運よく”一人日本人の先輩あり)

・現地集合現地解散(!?)

英語がほとんどできない自分にとって、現地に日本人が一人いてくれたことは本当に心強かった。(基本的には日本人はいません^^;)

ただ、海外経験ゼロでいきなり「現地集合現地解散!」はなかなかハードルが高かったです^^;

のちにこれがインドでの「最悪の経験」を生みます


そして、初めてのパスポート申請を行い、航空券を取り、クレジットカードを作って、

現地に行くにあたっての情報をありったけ調べます。


わかったこと

・デリーで電車のチケットを買う場合、チケットは「外国人専用窓口」でしか買えない。

・空港で声をかけてくるタクシーには絶対乗ってはいけない。もれなく悪徳旅行会社(有名なのがガバメントトラベルエージェンシー)に連れて行かれ、高額のお金をボったくられる。

・プリペイドタクシーもあんまりよくない。悪徳旅行会社か、変なホテルに連れて行かれる可能性あり。

・空港から市内まで地下鉄があるが、当時運休中。

・バスは夜中は走っていない。


つまり要約すると、

夜には空港からでるな!

23:30到着予定の僕はさっそく詰みました

まさか初めての海外で空港から出れなくなると思いませんでした(笑

インド恐るべしです。

(この時点では、一か八かにかけてプリペイドタクシーで初日のホテルに行こうと考えていました)


出発

出発予定日に台風の影響でフライトが欠航になったり、翌日別の航空会社を手配してもらったり(インドとかいう前に、日本から出るのにも一苦労でした^^;)、そのせいで香港で六時間の待ち時間ができたり、香港~デリー間の機内食が絶望的にまずかったりといろいろありましたが、

こわがりのもやし野郎は無事に日本を脱出することに成功します。

(このアクシデントのおかげで、香港でホテルの送迎を手配しました。おかげで無事に空港から出ることができました。)


到着

不安と心細さで、すでにメンタルが限界を迎える中、23:30にインドの空港に到着します。

新品のパスポートと入国カードをにぎりしめ、初めての入国審査、バゲジカウンターのターンテーブルを経験し、いざ出陣。

問題の送迎さんは、15番かなんかのゲート付近にいると。ただ、その番号は建物の外についているためいったん外に出なければならない。

インドは空港は警備がわりとしっかりしていてセキュリティーばっちり。ただ厳しすぎるため旅行者といえど空港内には再入場できません。

人生で初めて日本円以外の通貨を手にし、空港の外へ。

そしてインドにおけるトラウマ第一弾というべき光景。

そこには、ジャニーズの出待ちのファン顔負けの人数のインド人がひしめきあっていました(笑

くらいなか、スポットライトなみに明るいライトに照らされた、とんでもない数のインド人。

ほとんどタクシードライバーなのではないでしょうか。

その人たちが、空港の中には入れないので、外でひしめき合っている…

これが、僕の海外で初めてみた景色です(笑


そして、なんとか送迎の人を見つけて、ホテルへ。

これがなかなか怖い。わけのわからない異国の地で、夜中、初対面のインド人と夜のドライブ。

正直どこ連れて行かれるかわかったものではありません。

真っ先に思ったのが、

おうち帰りたい...

完全にこころ折れました(笑)


わけのわからない道を行くこと三十分、

驚くべきことに、無事にホテルに到着(笑

一通り手続きを済ませ、一泊3000円なのにやたらと高級で感動しつつ、翌日インターン先まで行かねばならない体力を温存するために早めに就寝。


そして、この翌日のインド一日目が、インド滞在中最も最悪な一日となりました。


インドの洗礼

みなさん、インドって聞いて何をイメージしますか?

カレー?ターバン?

一般的にはそうでしょうが、インドを一言で表すとこのワードでしょう。

「カオス(混沌)」


翌日起床して、駅までの道確認。

八時から空く外国人専用窓口の場所を確認するためです。この窓口が駅の二階にあるため迷う人が多いと聞いています。

幸い比較的すぐに見つかり、いったん帰還。


初めての海外。インド。

外に出てみて真っ先に思ったこと

煙たい!

砂埃がすごいんですよね;;そのせいでとても埃っぽい。

あと圧倒的に

くさい!

なんなんですかね、あのデリー独特のにおい。

あえて説明しようとすると、生ごみと汗と下水が混じったようなにおい…

あとは、道が大変悪路。でっこぼこ。

海外旅行=スーツケースという固定概念を持った僕は、インドに重たいスーツケースで来ていました(笑

これが、悪路過ぎてキャスターが機能せず、本当に使いづらかった。


初見のインドに早くも絶望しつつ、朝食を食べて、スーツケースを引っ張り、いざインターン先へ!

そこには

カオスで騒音で悪臭と砂埃が立ち込めるデリーの姿がありました

どうも、僕が朝食を食べている間に、デリーの住民が行動を開始した模様です。


まず圧倒的に、うるさい!

インド人って、日本人がウィンカー使うより気軽にクラクションつかうんですよね。

だから、日中はクラクションが鳴り響きっぱなし。

かつ、タクシードライバーが数歩ごとに話しかけてくる。しかもかなりしつこい。

しかも、そこらじゅうに浮浪者。わけのわからないものを食べてるし。

道が車とオートリキシャであふれかえって横断どころの騒ぎじゃなくなってるし。

もうなんか、カオスすぎて数十メートルで疲労困憊した記憶があります(笑


そんななか、なんとか駅に到着。

僕のプランはこうでした。

・日本で時刻表を調べたところ、11:30デリー発がある。この電車に乗ってChandigarhへ。

・外国人専用窓口が8:00に開くので、すぐに行って一等クラスの席を取る。(二等以下は、ぎゅうぎゅうづめになるため、体力・治安の面から一等以上の席しかとるつもりはありませんでした。)

・現地の受け入れ先にはすでに15:30に駅に迎えに来てくれと連絡済み。

・念のために日本人の先輩にもすでに連絡済み。


このプランしか知らず、でも時間的にも余裕があるし、ほぼ完ぺきだと思っていました。


悪夢のはじまり

さきほど予習しておいたおかげで、外国人専用窓口までは何の問題もなく(?)到着します。

8:10到着。すでに長蛇の列

まあ、さすがに二時間もかからんやろうと思いつつ、心臓バクバクさせながら待つこと一時間。

やっと自分の番に。

焦りと緊張で心拍数がマックスになる中、つたない英語で

11:30発、Chandigarh行きのFirst Classのチケットをくれ!
受付のおっさん
No possible
!!??
んじゃあ、一番早く出発するのは?
受付のおっさん
17:00発だ
いや、あり得ない。絶対あるから売ってくれ
受付のおっさん
だからないって。

はい。いきなり詰んだ\(^O^)/

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。