オトンの話。

1 / 5 ページ

オトンは4年前に死んだ

わたしはオトンと喧嘩していた
何でかは忘れたけど何日も口をきいていなかった
わたしはオトンを避けていた

当時高校生のわたし
思春期によくあるそれだと思う


オトンのことは嫌いだった
頑固ですぐ怒鳴る怖いオトン


その夜わたしは家でテレビを見ていた
当時のバイト先がファミレスでテレビでそのファミレスの情報が流れていたことも憶えてる
わたしはテレビの情報に口を出しながらなんでもない普通の平日の夜を過ごしてたんだ



電話がなった



丁度お風呂から出たオカンが電話にでた


電話を切ったオカン
「パパが病院運ばれたらしいから行ってくる」


心配そうだった


けど、気はしっかりしていた


オトンは糖尿病持ちで何度か入院していた

だからわたしは今回もその程度だと思って気にしてなかった

病院に向かったオカンとお姉をよそに
わたしは部屋に引きこもって携帯いじり

みんなの読んで良かった!