職人は生き残れるのか?2代目家具職人のジレンマ

1 / 2 ページ



この前、家からかなり離れた場所にある


家具職人の工房に行きました。




山の中、草原や林に囲まれた環境にある


とても素晴らしい工房で、手作りの匂いがプンプン。




僕はそこで2代目家具職人に出会いました。






その人の父親はある程度名の売れた職人らしいです。


(僕は知りませんでしたが)


名のある父親を持つ2代目の年齢は35歳くらい。


独立して7年くらいだそうです。




彼の作る家具を見せてもらいましたが、とても素晴らしい。




とてもモダンで無駄を削ぎ落したデザイン。


直線と丸みのバランスがとてもいい。




小さな子どもがいるオシャレな若い家族に人気がありそう。


ワーゲンに乗ってそうな。






で、聞いてみました。




売れてるんですか?と。






すると、売れてますよ、と。




なんでも父親が行っている大型百貨店での


展示会で在庫をさばいているらしいです。




売り場を間借りして売上の一部をマージンとして


百貨店側に払うんですね。






へー、それで売れるんだ、へー。




と思いましたが、ちょっとしっくり来ない。






果たして有名百貨店の客層はワーゲンに乗ってくる


若い夫婦なのか?


金持ちの高齢者が中心じゃないのか?


2台目の家具はマーケットとマッチしてるのか?




その辺の考えをぶつけてみると、


百貨店の客層用に高齢者が好むデザインの家具を


作って販売しているとのこと。




・・・2代目、


そのに君の熱量は存在しているのか?




どう見ても、百貨店で売っている家具は


君の創りたい方向性と違うよね?




・・・と心の中で言った後に


マーケターの悪い癖が。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。