破天荒税理士の出産体験記②~いきみハーモニー~

1 / 2 ページ

◆8月5日(火)

深夜0時


痛い。痛い。痛すぎる。

私「うお・・・・・うお・・・・・・・・・」

妹「痛そうだね。にやにや。」

私「くそう。。。。」

旦那「おろおろ。深呼吸深呼吸。ふーふーふー」


あなたはそんな呼吸法しなくていいのよ。

しかし、私よりも旦那の呼吸法のがうまい。

さすが、私より出産本を熟読しているだけある。


深夜2時

私「うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!

  で・電話じゃ!!!!もう、朝まで耐えられん!!!!」


看護師さん「え?3分間隔?もう来なさい!」


実家から病院まで車で5分。

こんな時間なので車は一台も走っていない。

しかし・・・・こんな時に限って、信号全部赤で止まる。

一時停止の振動がやばい。

そして、娘の出産にテンパっている母親の運転もいつもより荒い。

ダブルできつかった。


深夜2時30分 

病院到着&分娩台へ


助産師さん「あら、もう子宮口が5cmも開いてるわ!このまま出産にいきましょう!よくここまでがんばったわね!」


私「ひいいいいいい。」


ここから壮絶な戦いが・・・・・

人間は動物だったと改めて実感。


とにかく低い声でうなりまくった。

私「うおー。うおー。」

助産師さん「違う!ふーふーふー!うおーじゃ、だめ!」

私「ふー。ふおー。うおー。うおー。」

助産師さん「ちがーう!!」

そんなやりとりを旦那はおろおろ見ていた。


旦那「深呼吸深呼吸。大丈夫大丈夫。がんばって!!ふーふーふー」


やっぱり旦那のほうが呼吸法がうまい。

もう、私の代わりに出産してくれ。


午前4時半。

深夜2時半に分娩台にのってから2時間後

やはり私はまだ唸っていた。


そこへ別の妊婦さんが隣のカーテン越しに入ってきた。。

ん???

今まで一人だったので気づかなかったが、


どうやらこの分娩室では同時に3人の妊婦が出産することができるらしい。。。。

シュールすぎだろ、この光景は!!!!


世間話をするわけにもいかなく、

とにかくうなりまくる私。


私「うおーうおー(超低音&爆音)」

隣の妊婦「ぃたーい。ふーふー(超高音、私の音量の半分以下)」


私の心の声「え・・・・同じ出産なのにこんなに違うのかよ。」


私の超低音と隣の妊婦の超高音の絶妙のハーモニー。


同じ助産師さんが交互にみてくれたのだが、


私には「そんな低い声じゃなくて、ふーふーふー」

隣の妊婦さんには「そんな高い声じゃなくて、ふーふーふー」

とアドバイス。


なんじゃこりゃ。

客観的にみてたら笑っちゃう現場だった。


そしていよいよクライマックスへ。


午前5時50分


もう痛さも限界へ。。

助産師さんが痛み逃がしのためにテニスボールを尾てい骨あたりにいれてくれていたが、

そのボールを投げ捨て、

髪を縛り直し、最後のラストスパートへ。


気持ち新たにいきみまくったら、

ぱーん!!!!!と大きな音が。


破水じゃ!

股の間で水風船のようなものが破裂した。

生ぬるい液体が太ももにかかった。


私「破水しましたー!!!!!!!!」

助産師さん「よし、じゃあ、先生よんできます!!!」


無表情の先生登場。

あれ、なんか用意してる。。。

え。え。え。


ばちん。


うわ。。。。。私の大事なところ、、、、切られちゃった・・・・

親にも切られたことないのに・・・・


午前6時20分

やっとやっと、出てきました。

ちがう、出てきてくれました。

予定では出てきた瞬間、私、泣くんだろうなと思ったのですが、


それよりもすっきり感で「あはは」と笑ってしまった。

私の代わりに旦那が泣いていた。


旦那「あああああああ。よかった。。。。。泣」

私「あははあああああ!!!!笑」


その後、感動的な写真を撮った後、

そのまま分娩台の上で出産後の術後処置へ。

著者の田村 麻美さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。