『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.1 ~懐疑からの始まり~

1 / 6 ページ

後編: 『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.2 ~自分で経験するしか無い!~

思考は現実化する?!

私は精神世界などにはまるっきり興味なかったばかりか、『怪しい!!』と拒絶反応を示すほどだった。

そんな私が、いろいろあって『思考は現実化する』かどうかを真剣に確かめてみたくなった。

『確かめるしか無い!』

そういう衝動が沸き上がってきたのだ。

外に仕事にも出ていなかった自分は、この探求をメインの活動にすることにした。

『これが本当だとしたら、、、、仕事なんてやっている場合ではないだろう?!』


疑いの日々 ~証拠集め~

『精神世界』に対して最初っから100%疑いの目で見ていた私は、証拠集めを始めた。


「本当に本当なら、その証拠を見せてみろ!」


それまでは興味がなかったので気づかなかったが、精神世界関連の本は結構多かった。

とりあえず図書館にある精神世界関連の本は片っ端から読んだ


そして、その本に参照されている本などを遡って読んだり、その本が図書館にない場合にはamazonで購入したりした読んだ。


amazonで購入するために検索する際には、似たような書籍がオススメとして紹介されたので、それらの書籍で面白そうなものがあればそれらも読んだ。


枝葉のものも加えると、500冊位は読んだかもしれない。

海外の書籍も読んだ。(英語を勉強しておいてよかった!)


『うーむ、、、到底信じがたい!』

なんて思いながらも読み続けた。


そう、この時点で既に数年間もの時間が経過しており、私はその間、ずっと読み続けていたのだ。

興味もなく、怪しいとだけ思っていただけの『精神世界』関連の書籍をよくこんなに読めたって?

実は、読んでいるうちにいろいろな共通点が見出されてきたのだ。


そのような共通点が見えてくると、当初は「そんなわけ無いだろ!」と思ったような内容が、「う~ん、、もしかしたらそういう事もあるのかもしれない、、」と思えるようになってきたのだ。

私は興味をそそられた!


文献調査の日々


==霊、スピリチュアル==

『見えない世界』というものが本当にあるとしたら、それを知ることはかなりの意識改革を引き起こすことになる。

よってこの分野の追求は精神世界の探求に大きなヒントを与える可能性があると思い、調査を開始したのだ。

正直言って、かなり精神的な抵抗を感じてしまう分野だった


「お化けなんているわけ無いだろう?」

「火の玉だって化学的に解明されているとか言うし、、」

「自分も真っ暗闇の森で白いシーツをカブったようなものがフラフラ揺れるのを見たことがあるけど、確かめてみたら木漏れ日が木の枝葉に反射して動いていただけだったし、、、」

みんなの読んで良かった!