『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.2 ~自分で経験するしか無い!~

1 / 6 ページ

前編: 『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.1 ~懐疑からの始まり~
後編: 『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.3 ~超能力?!~

自分で経験するしか無い!

実はそれまでに、

『自分の感情に耳を傾けるべきだ!』

という心の声が何度と無く聞こえていた


わかってはいつつも、ついつい本に手が伸びた、、、。


答えを内側ではなく、外に求めてしまったのだ、、、


今でもハッキリと覚えている。

ご飯を食べながらスピリチュアル系の本を読んでいた時のことだ。


「結局は、自分の感覚に耳を貸すことが出来るかどうかが鍵のような気がする、、、」

「超能力もリーディングも、チャネリングも全部そうじゃないか。」

「もうちょっと真面目に瞑想でもしてみるかな。」


などと思いながらも、


いやいや、もっと納得の行くような答えが書いてあるかもしれないからな^^」


と新たな本を探そうとしてしまっている自分がいることに気がつき、ハッとしたのだ


そろそろ自分の足で歩き始めなくてはいけない!」


ようやく私は決心した!


「怪しいかどうかなんかはもはやどうでも良い!」

「本当に思考が現実化するかどうかなんて言うのは、自分が一度でも体感できてしまえば分かることではないか!」

「とりあえずなんでもやってみよう!!」


自分がこのように決心するまで、既に2年程の年月が過ぎていた、、、。


自分で動くのではなく、ただ外に証拠を求めていただけの時間が二年間も、、、

しかし、数多くの証拠集めは決して無駄ではなかった


『精神世界』というものが100%怪しいものではなく、実在しても全然おかしくはないとまで思うようになったのは、紛れも無く、それらの証拠集めによるものだからだ。


その長い準備期間を経て、ようやく自ら一歩を踏み出すことが出来るようになったのだ!


でも実は、ここからが長いんだけどね(^_^;)


催眠術を試してみた

科学からのアプローチで、人間の右脳には素晴らしい能力があり、それを抑制してしまうのは左脳ではないかとの当たりをつけた私は、左脳を黙らせる方法の一つとして催眠を試してみることにした。

みんなの読んで良かった!