自分が『自分』でいられるのは、、、~愛あればこそ~ vol.4 「まずは自分がやってみせる」

1 / 2 ページ

前編: 自分が『自分』でいられるのは、、、~愛あればこそ~ vol.3 「説明すればわかってもらえる」

まずは自分がやってみせる

説明してもなかなか理解してもらえないことも多いかもしれません。そこで面倒になり、投げ出したくなるかも知れません。でも、、、そんな時に自分はこう思ったのです。

「あれ?わからないのかな?それは寧ろ面白い!」

説明して理解してもらえなかったとしても、実際にやって見せて「ビジョン」を共有できれば理解してもらえることは多いです。そのプロセスって凄いやりがいがあるんですよね!自分が大学受験勉強中に塾のチューターに「君はどこにも受からない」と断言された時にも同じように感じました。

「やってみせたら驚くだろうな^^」

前回の記事でも書いたとおり、この内容は過去のstorysに紹介されていますので、ここでは詳しくは述べません。

【STORYS参照】『0点なんて最高じゃん!』何でも遊びにすることで、高3の半年で偏差値が31から75まで上がってしまった話 ~顔が輝かないようでは実力は発揮できないよ~

ここで凄い重要なのは「わかってもらえても、わかってもらえなかったとしてもOK!」という安心感を持っているかどうかなんですね。

「わかってもらえなかったらどうしよう、、、」という不安感が強い場合には、行動に移すのを躊躇するかも知れません。

この安心感はどこから来るかというと、やはり「自分を認めてくれる者の存在」なんですよね。

まずはやってみせることで理解が得られた例を幾つかご紹介します。

農地の取得・開拓

脱サラし、自然の中で暮らしたいと思った私はグーグルアースで日本を上から見て、自分が鳥だったらここに降りたいと思った場所(山梨県北杜市;その後に凄く人気が出て、今では全国一位の移住希望先!)に移住することにしました。そこで農地を借り、農的な暮らしをしたいと思ったのです。しかしながら、、、農地がなかなか借りられなかったのです。自分が「自然に任せて野菜を育てたい」と言ったのが気に入らなかったようで、草刈りをしっかりとしないものには貸すことが出来ないということでした。また、自分は農業もしたことがない素人だったのですが、「研修などをする気はない」と言ったのも断られた大きな理由の一つだったようです。

ちなみに山梨県は耕作放棄地率全国ワースト二位であり、新規就農者はかなり歓迎されると思っていたので、かなり予想外の展開でした、、、、が!やはりその方が面白いですよね。

まるで相手にもされない人が結局は貸してもらえるようになったとしたら、その方がすんなり借りられたのよりもドラマチックですからね♪

という事で、自分は市の担当の方たちに色々と思いや考えを伝え、自分にできることを進めました。

すると、、、

時間はかかりましたが、結局借りることが出来ることになったのです。「農業研修しない人には貸せない」という不文律に関しても、それとは異なる前例ができたことで、次からは農業研修せずにも借りれる道が拓かれました。これは慣行農法とは異なり、自然に即した野菜の育て方を望む人達にとっては非常に大きいと思います。教科書に乗っていることとは違うことを試してみたい人達にとって、農業学校での研修はあまり楽しいものでない可能性が高いので、、

しかも、借りた土地(山林みたいに木が生えていた)を自ら開拓したいと申し出た際にも、「そんなのを個人ができるわけない!」との事で、県の事業として圃場整備をしたいと言われたのですが、これもまた紆余曲折を経て結局自分の望みどおりに、自ら開拓することが出来ました。



(開拓前)



(開拓後)

そして自ら開拓することが出来ることを示すことで、更に面白いことが引き起こされるようになったのです。

「もし宜しければ、隣に広がっている放棄地も開拓して使ってもらいたい。」と市の担当の方から申し出があり、実際にそこを貸して頂けるようになったのです!最初は全面的に拒否されていた自分ですが、本音で話し合ううちに担当の方などとの信頼関係を築くことが出来ていたのです^^

こうして自分は理想としていた環境を自ら創り上げる基礎を得ることが出来ました。


(自分の望む理想郷になって来ました!)

自然農法

さて次に紹介するのは、実際に農地を借りて野菜などの栽培をするようになってからの話です。自分は一般で行われている慣行農法ではなく、野菜が自然に育つのかどうかを試してみたいと思いました。「雑草が生えすぎて困っている」という話と、「肥料や農薬をやらないと野菜は育つわけがない」という2つの話をよく耳にしますが、それらの間に大きなギャップがあるのに違和感があったのです。

「野菜も雑草のように生えすぎて困るくらいになったら面白いと思うんだけどな~。」

そこで自分は色々と試してみることにしたのですが、ベテランの農家さんなどが色々とアドバイスをくれました。

「農薬を撒かないとほとんど虫に食われるよ」

「水や肥料をやらないと育たないよ」

「開拓なんかしないで、既にキレイになっている畑を使った方が良いぞ」

そうなったら困るだろうと心配して言ってくれていることが良くわかりました。しかし、自分は試したいことがあったので、そのことを素直に話し、実際にそれを実行に移してみました。

すると、、、

竹林や草原、森林のようだった場所を切り開いて作った畑から、凄い見事な野菜たちが水も肥料も農薬もなしに育ったのです!

みんなの読んで良かった!