【新幹線で切符をなくすとこうなる!】身をもって体験した1泊2日東京への旅。

1 / 4 ページ

先日、東京へ行く機会がありました。



7時52分名古屋発の新幹線に乗り、東京へ。9時26分品川に到着し、改札を出ようとしたら、チケットが見つからない。カバンの中探しても見つからない。



やばい、なくした。



でも、なんとかなるだろう。



軽い気持ちで精算所の駅員さんのもとへ。



「切符をなくしたんですけど」

駅員「どこから乗りました?何時発のに乗ってきました?車両は?席は?」

(やる気ない態度の駅員)

「名古屋から、7時52分発、13号車、14番D席です!」

駅員「しばらくおまちください」


待つ間に、いったい切符はどこへ行ってしまったのかを考えてみた。


車内販売でホットコーヒーを買った。コーヒーと一緒にもらった車内販売のご案内の紙切れを、後で捨てようと思い、バッグのポケットの中に入れた。品川に到着する直前にコーヒーを飲みきり、コーヒーカップの中に紙切れを入れて、フタをした。そして、13号車と14号車の間のゴミ箱に、コーヒーカップを捨てた。








その紙切れを、切符と同じ場所に入れた気がする…。




そうだ!わかった!!!わたしはいらない紙切れと一緒に、チケットまでもコーヒーカップの中に入れてしまったんだ!!!!!!



「そうだ、絶対そうだ!」とひとりで興奮していると、やる気のない駅員が戻ってきた。



駅員「新幹線の中にはないですね。もう一度切符を買ってください」

みんなの読んで良かった!