初めて心が折れた日〜もう野球辞めます〜

1 / 4 ページ

前話: 生まれた自信、そして現実。

小さなお山の大将


そんな表現がぴったりな小学校最終学年。

いつしか周りからこんな声が聞こえるようになる。



「中学校はどうするんや?」

「どこのチーム行くんや?」



僕の記憶が正しければ、その頃はもう

かつて憧れた「縦縞一択」だったように思う。


地元では一番厳しくて強いチーム。


このチームへ行かずしてどこへ行くんだ、と。


そんな気持ちだった。


厳しい練習?強いチーム?

そんなとこで負けてたら先が思いやられる。


そもそも負けるなんて考えもしなかった。



しかし、不安はあった。


チームでは4番を打つようになった。

どこに行ってもやれる自信はある。


でも周りはどうなんだろう?


小さな小さな子供会のチームだっただけに

他に上手い奴なんかいっぱいいるんじゃないか?


冷静にそんな考えを持ちつつ

現実は周りに敵なし状態。


だから当時の敵は、常にまだ見ぬライバル達。


それでも負けるわけが無い!


そう自ら言い切れるまでひたすら練習をした。



そしてソフトボール引退の時・・・



本来なら大会がいくつか残ってたのですが


当時の監督の強い勧めで、


「一日でも早く硬式の練習へ行ってこい!」

という有難い配慮を頂けた。



それもこれも、自身のソフトボールチームが弱かった事も幸いし僕だけ勝手が許された。


「お前はもっと上を目指せ」


そんなありがたい事情も重なり、他の有力な同学年のライバルに比べ

優位な形で進む事が出来た。


たいていの引退は年明け。


だから、本来なら早くても中学部の練習生扱い。


しかし、僕だけは年末入部。

ギリギリ小学部に滑り込めた。


そして、小学部に滑り込みで入部し過ごしたたった3ヶ月。


他の子から少しだけ早いスタートを切れた、このたった3ヶ月。


これがなかったら先の野球人生は変わってたかも知れない。


それほどまでに大きかった3ヶ月。


正直、当時の僕にとって、3ヶ月のアピールの場には充分過ぎた。




硬式野球スタート


そうして入部した硬式野球チーム。


周りとの実力差がどれほどまでか?


不安より期待の方が正直大きかった。


「俺が同世代で負けるわけない」


そんな自信すらすでに備わってたからだ。


さらにこんな野望まで胸に秘めていた。


ソフトボールの頃は打つだけだったけど

投げて打てばもっと楽しそうだ・・・


「硬式では、ピッチャーをやりたいな」




しかし・・・


そんな願いは脆くも崩れ去る事になる。


偶然にも、当時のチームには

関西ナンバーワン投手が存在した・・・


生まれて初めて、ボールを受けるのが怖かった。


「は、速っ・・・」


「手ぇ痛っ!!」


投手をやりたい気持ちとは裏腹に

与えられたポジションはキャッチャー。


その理由は中学部では”キャッチャーとして育たい”という中学部の監督の意向が最大の理由だった。

著者の森田 一也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。