生まれた自信、そして現実。

1 / 2 ページ

前編: 運動出来ない少年の叶わない憧れ
後編: 初めて心が折れた日〜もう野球辞めます〜

「あの子、ええ肩してるやん!」


ボクの耳が正確なら確かにそう聞こえた。




その日はたまたま学校の校庭開放で、偶然ソフトボールをしている子達が集まったので、友達のお父さんも混じって、ノックをしていた。


定期的な練習ではなかったので、友達のお父さんが

「森田も入れよー」


という軽く声がかかった。

 

「え、あ、うん。。。」


そっけなく返答したが、内心ワクワクしていた。


手渡されたボロボロのグローブも何か特別なものに見えた。


「これがグローブかぁ。」


いつも過ごしている同じ小学校の校庭がまるでその時は別世界に感じた。


月並みな表現になるが「人生で一番ワクワクした場所。」


しかし現実は、運動出来ない少年。


そんな初心者の中の初心者という事もあり

ボクの受けた最初のノックは

ノックというよりただの球転がしに近い打球。


コロコロコロコロ・・・


さすがにそれは難なく捕球できた。


そしてそのボールをみんなと同じように投げた!


心のどこかで、自分の何かに期待をしながら・・・


すると偶然にもノッカーのいる場所まで届かせる事が出来た。


もちろんそんな事は偶然である事は言うまでもない。


するとその矢先、数メートル先で

ぼそっとした声がかすかに聞こえた。



「ええ肩してるやん。」



当時、野球もソフトボールも知らなかった。


さほど興味もなかった。


というより”無関係な存在”としてしか、存在していなかった。



そんな僕にでも「ええ肩してるやん」


この意味は容易に理解ができた。



運動出来ないとはいえ、体は大きい方だった事。


それに横にもかなり大きかったので、走るのは遅いけど力は他の同級生に比べると強い方だろう。



とはいえ、スポーツで褒められた事なんて当時は一切なかった。


そんなボクが今でも覚えている衝撃の一言。


「ええ肩してるやん」



実際には、たまたまボールがキャッチャーに届いたに過ぎない出来事。



そしてそのノックをしていた友達のお父さんが、ソフトボールチームのコーチをしていた。



その事も重なり、毎週日曜日練習やってるから森田も入ったらええやん。


「えっ!?俺が???」


無理無理無理無理・・・


と心の中で思いながらも、それ以上に誘われた事の嬉しさは抑えきれなかった。


この事がきっかけで、あの憧れの「ソフトボールチーム」への参加が決まった。



参加が決まってワクワクしているボクとは裏腹に誰にでも


二言目には「お前も入れよ!」


と言ってるのはご想像の通り。


誰も期待なんてしていなかった。




実際チームに入るとボクより下級生も何人もいたが、その中でも飛び抜けて下手くそだった。


よく上級生や同級生から


「もしお前がホームラン打ったら好きなもん何でも買うたるで」


などと、言われる始末。



しかし腹を立てる理由も特にない。

「打てない、走れない、守れない」


仕方が無いけど、それが現実だった。



とはいえ、これが小学生ゆえの強さなのか

ボクの生来の潔さだったのか、


ハナから

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。