出産を控えたパパに捧げるプロローグ パパの長い一日

1 / 3 ページ

22:26 ひょっとしたら陣痛かもとノートにつけて計測してみだす。


まずは2時間おきのはずなのに、2、3分おきに痛みが、なんで?


0:56 病院に電話してみる。ワンコールで出てくれる、さすが! 看護師さんに「陣痛ですね、来てみてください。」と言われる。


1時過ぎ 既に準備済みのボストンバッグを持って、早速病院へ。


1:10 病院到着


1:14 2Fへ。看護師さんが対応、診察。



1:21 診察終了。既に3センチ開き、破水しているそう。「パジャマを取ってきてね」といわれる。既に用意してあるので車までとりに向かう。


1:23 両親に連絡。


1時半頃 看護師さんにパジャマを渡す。


入院用の病室に案内される。


部屋や冷蔵庫の説明を受けた後、「念のため浣●しとくから旦那さんは外で待っててね」と言われる。


たぶん2時前 すること無いので、病院の2Fを少し探検走る人してみる。


終わったみたいなので、部屋へどうぞと呼ばれる。 「お腹の大きい最後の妊婦姿じゃ」と、記念にデジカメで撮影してみる。まだ余裕有り。


再び看護師さんがやって来る。なんか機械を設置するのでまた出るよう言われる。


さっき探検した時、みつけた鏡の前で阿波踊りの練習してみる。うん、いけてる。


2時半ごろ まだかかるということなので、いったん荷物や編集室に届けておくべきものを済ませておこうと自宅へ。


2:32 生まれて来た娘に頬ずりせなあかんので、マナーとしてヒゲをそってみる。


2:33 生まれてきたらチューしたらなあかんので、エチケットとして歯をみがいてみる。


(この頃、グランマが病院に駆けつけてくれていた。)


2:35 届けるものを持って、出る準備。


2:37 よく考えたら、抱っこした時なんかあったらあかんから爪を切っておこう。


2:37 職場へ向かう。


2:52 到着。上司がまだ仕事してた。


2:58 仕事用のファイルや書類一式と、の冷蔵庫からポカリを2本拝借して病院へ。


3:15 病院に戻る。グランマが到着済み。陣痛の痛みをやわらげるため背中をさすってくれていた。


破水したため感染症?にならないよう、抗生剤を注射したとのこと。かなりぶっとかったらしい。


3:34 今まで腰だと思いこんで、背中をさすっていたことがグランマの中で発覚。


3:37 さっきからずーっと貧乏揺すりをしていることに自身気がつく。いつもしてるんだろう、きっと・・・


3:40 グランマと交代。ヨメの腰をさする。


3:42 2時ぐらいにつけた機械が、赤ちゃんの心音計と、どうやら陣痛計測器でもあることに気がつき妙に感心する。お腹のハリをはかれるなんてすごくない?



3:43 それを見ながら腰をさするタイミングを計ってみる。グッド!タイミング!!


3:44 テレビのチャンネル変えてみる。NNN24がやってた。当然か。


3:47 テレビの時間をみて病室の時計がずれているのに気がつく。あとでなおそう。


3:55 看護師さんが様子を見に来てくれる。


4:44 看護師さん、子宮口の開き具合をチェックに。そのため外へ。


4:48 外に貼ってある、今週の献立表を眺める。うっ、うまそう・・・



5:00 夜が明けてきた。


5:20 携帯で長時間録音できないかテスト。なかなか難しい。説明書があれば・・・


5:35 グランマと交代


5:40 陣痛の合間に、少し眠っているようす。痛みに疲れたか、それとも慣れたのか? 頑張れぇー。


5:45 看護師さんきてくれる。もっと汗がでて眠れない痛みになるらしい。眠れるほどおさまったので、念のため心音計る。145、元気! 現在腰あたりに鈍痛があるみたいだが、これが尾骨になって激痛になってかららしい。まだ7センチ以上先。遠っ!!


5:49 セミが泣き出す。朝やねぇ~。夏やねぇ~。晴れやねぇ~。なんか縁起がええねぇ~。


5:55 グランマにバトンタッチ。


5:58 かなり痛いらしい。声をあげて痛がる!。そろそろ呼ぼうかとソワソワしてしまう声。


6:15 看護師さん診察にきてくれる→外へ


6:25 看護師さん出てくる。5、6センチは開いてて、第二関節ぐらいの距離まで頭が来ている。8センチにぐらいになったら、自分で歩いて、陣痛室に移動しなければならないらしい。そのあと30分ぐらい、長くて2時間かかった人もいるそうだ。なんかやっぱり結石の時とよく似ている・・・


6:30 今、聞いたことをヨメに説明。すぐに陣痛におそわれる。かなり痛くなってきた様子。尾骨というか骨盤全体を押さえる。いつもは指圧が異常に強すぎと言われるが、今回は役立っている模様。


6:55 寝返りを打たせて、バトンタッチ。


7:00 まだかかりそうかな?


7:05 看護師さん「7センチ開いてるわね、あと少し。午前中には確実に生まれるねぇ~。もうちょっと頑張って♪」。ニコっとして帰る。その笑顔を見る余裕はヨメには一切無い。


7:30頃 長時間録音の方法をなんとか極める。>何してるんだオレ・・・


7:40 朝食を持ってきてくれる。とてもじゃないけど食べれないだろう・・・。


7:45 ギュゥぅぅ~~!! どころか、ものすごい力で押している。尋常でない力で押している。しかも尾骨どころか肛●も通り過ぎて、子宮のあたりを押している。わけわからんけど、骨盤が開いているのがなんか伝わってくるような気がした。勝手にもうあかんと判断してナースコールのボタンをカチっ。「いきみたいです!」と言ったのは何を隠そうオレ自身(笑)


7:48 すぐに看護師さんが来てくれて「あぁ、車いす持ってくるね」。あれっ?たしか自分で歩いていくはずでは・・・


 「ご主人、分娩に付き添われますか?」。即答で「はい、ほな行きます」と答えた。あれほど血見るのイヤなはずだったのに、なんか平気な自分がいるのが気持ち悪い。意外に冷静すぎるほど冷静。「じゃぁ、準備ができたら呼びますから、しばらくお待ち下さい」。


7:50 そそくさと録音の準備をはじめる。よしOK。もうこのまま回しっぱなしでいこう。そう、生まれた時の第一声を録音したかったのだ。


7:55 準備が完了したので“手術室”と書かれた緑色のスリッパに履き替え分娩室へ。一晩付き添ってくれた看護師さんお二人が対応してくれるようですごく心強い。すでにこの時点で、ウルウルしているオレ。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。