出産を控えたパパに捧げるプロローグ パパの長い一日

1 / 9 ページ

22:26 ひょっとしたら陣痛かもとノートにつけて計測してみだす。


まずは2時間おきのはずなのに、2、3分おきに痛みが、なんで?


0:56 病院に電話してみる。ワンコールで出てくれる、さすが! 看護師さんに「陣痛ですね、来てみてください。」と言われる。


1時過ぎ 既に準備済みのボストンバッグを持って、早速病院へ。


1:10 病院到着


1:14 2Fへ。看護師さんが対応、診察。



1:21 診察終了。既に3センチ開き、破水しているそう。「パジャマを取ってきてね」といわれる。既に用意してあるので車までとりに向かう。


1:23 両親に連絡。


1時半頃 看護師さんにパジャマを渡す。


入院用の病室に案内される。


部屋や冷蔵庫の説明を受けた後、「念のため浣●しとくから旦那さんは外で待っててね」と言われる。


たぶん2時前 すること無いので、病院の2Fを少し探検走る人してみる。


終わったみたいなので、部屋へどうぞと呼ばれる。 「お腹の大きい最後の妊婦姿じゃ」と、記念にデジカメで撮影してみる。まだ余裕有り。


再び看護師さんがやって来る。なんか機械を設置するのでまた出るよう言われる。


さっき探検した時、みつけた鏡の前で阿波踊りの練習してみる。うん、いけてる。


2時半ごろ まだかかるということなので、いったん荷物や編集室に届けておくべきものを済ませておこうと自宅へ。


2:32 生まれて来た娘に頬ずりせなあかんので、マナーとしてヒゲをそってみる。


2:33 生まれてきたらチューしたらなあかんので、エチケットとして歯をみがいてみる。


(この頃、グランマが病院に駆けつけてくれていた。)


2:35 届けるものを持って、出る準備。


2:37 よく考えたら、抱っこした時なんかあったらあかんから爪を切っておこう。

みんなの読んで良かった!