だめだめ高校生が、ブレイクダンスで、学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話②

2 / 2 ページ

前話: だめだめ高校生が、ブレイクダンスで、学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話
次話: だめだめ高校生が、ブレイクダンスで、学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話③



悲しいけどね。。。



youtube見てるとそういう技を発見できるようになってきて、


練習を重ねているとできるようになるから、やりたいけど、


【ウケないから】、やめておく。


そのかわり、


【シンプルで、わかりやすくて、動きが大きい技を入れる!】

ってことを、意識した。


エンターテイメント性を高めていく感じだった。


単純に考えればパワームーブとかだよね。ウインドミルとか。

でも、

このときパワームーブの習得にはあまり時間を使わなかったんだよ。

なんでかっていうとね。


・パワームーブを少しかじってみて、習得に時間がかかるなって感じたから。

・文化祭まで時間がなかったから(3年生の文化祭で発表しようと思ってたんだ)

・仲間がいてグループの発表でなく、おれの場合、ひとりでの発表だったから。


ひとりの発表で、舞台でパワームーブばかりしていたら、ただの体操選手だろww

なんかすげーってなるけど、

【かっこいい!】ってならなくない?



それじゃだめだろ!?

そうだろ?



おれらの目的は、ただ一つ、【モテること】なんだから。

だから、パワームーブは


2、3個カンタンなものはマスターしたけど、ほとんど手を付けなかった。


その代りに、


→身体全体を意識した、音の取り方(足技で足だけを動かしていてもお客さんは面白くない)。

→20分の舞台でお客さんが、飽きない舞台構成の考案(曲構成とか)

→ライティング(舞台上の出演者にあたる光の加減)

→仲間の募集

→舞台全体を使う踊り方

を考えることに時間を使った。


初めはさ、一人で舞台を独占してやるぜ!

って考えてたんだけど、それってちょっぴり不安だし、

やっぱり仲間がいた方が楽しいだろ?

だから、

おれと一緒にステージを盛り上げてくれる仲間を探したんだ。

なんせ、おれの高校はひと学年300人もいるんだ。


意志をシェアできる仲間は絶対いるだろ。




ってか、


男なんて、バカだから【モテるよ】的なことを言えば


誰でも釣れると思ったww



でもって、仲間探しが始まった。


続きは、だめだめ高校生が、ブレイクダンスで、学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話③で。


ちゃす


-----------------------------------------------------------------------

このストーリーは、僕の原典と言えるものです。少し長いですが、よかったら読んで行ってください。

今では、転職アドバイザーとして活動しています。

20代の転職を超絶サポートします。

夢を夢を追いかけたくて仕方ない人。

毎日がつまらない20代の人生に革命をぶちかましましょう!!!

勝つまでやりましょう。

池谷 駿佑の革命転職ログ


では、三話目でお会いしましょう!!






カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

だめだめ高校生が、ブレイクダンスで、学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話③

著者の池谷 駿佑さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。