だめだめ高校生が、ブレイクダンスで、学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話③

1 / 4 ページ

前編: だめだめ高校生が、ブレイクダンスで、学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話②
後編: だめだめ高校生が、ブレイクダンスで、学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話④

2本目、読んでくれてありがとうございます!


この話は、


【静岡県、三本の指に入るほどの進学校に入学するが

落ちこぼれ、ブレイクダンスに出会い、進学校という学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話です。】

では、3本目です。

--------------------------------------------------------------------------

前回では、

文化祭で行うムーブ中に

パワームーブを、戦略的に""練習しない""を決断した。

パワームーブ習得にかかる時間を


→身体全体を意識した、音の取り方。

→20分の舞台でお客さんが、飽きない舞台構成の考案(曲構成とか)

→ライティング(舞台上の出演者にあたる光の加減)

→仲間の募集

→舞台全体を使う踊り方


を考えることに時間を使った。



で、【仲間を募集】した結果、

最強の助っ人をゲットした!!


やっぱ、仲間は必要なんだよ。


高校一年の冬にブレイクダンスを始めて、

高校3年5月の文化祭での発表を目指したんだけど、


結構長いよ。一人で歩み切るにはね。


だから、切磋琢磨できる【仲間】がほしかった。



一人だけで、文化祭で20分間ブレイクダンスオンリー、どぉーん!


よりももっと彩り豊かな舞台の方が面白いだろ!


単純にね。




みんなの読んで良かった!