だめだめ高校生が、ブレイクダンスで、学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話④

1 / 3 ページ

前編: だめだめ高校生が、ブレイクダンスで、学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話③
後編: だめだめ高校生が、ブレイクダンスで、学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話⑤(おしまい)

3本目、読んでくれてありがとうございます!


この話は、


【静岡県、三本の指に入るほどの進学校に入学するが


落ちこぼれ、ブレイクダンスに出会い、進学校という学歴社会にカウンターパンチを食らわせた話です。】

では、4本目です。

--------------------------------------------------------------------------

確かに、昼休みに体育館で友達にムーブを見てもらっていたんだ。

でも、

それは限られた友達だけだったんだよ。

なんでかっていうと。。

→【文化祭で、いきなり発表することで、お客さんに大きなインパクトを与えたかったし、】

→【ブレイクダンスというワードが珍しくて集客に繋がるんじゃないか?とも思ったし、】

→【私はシャイだから】

→【一発逆転!みたいな感じでかっこいい】

って思ってた。


あと、

→【その方がモテるんじゃないか!?】


↑All the best(笑)

とも考えていた。


このおれの考えは20%正解!

でも、

やっぱりトシの言う通り80%まちがっている。


どういうことかっていうとね。。

①いきなり発表することで、自分の存在を知らなかったお客さん、

おれがブレイクダンサーだったことを知らなかったお客さんには大きなインパクトを与えられる(=モテる)。


これについては正解!


②一発逆転!できる!(=モテる)


これについても正解!




でもさ、ちょっと考えてみてよ。


みんなの読んで良かった!