世界中に影響を与えたメイナードさんの安楽死について

3 / 3 ページ

創造的破壊の流れが当たり前である。






動物は死に大して




考えることもしないだろう






なぜならそれが




自然の理だから






死にこだわるのは






人間ぐらいなものだ






個人的に言えば




別にお墓なんて要らないと思っている




人間だって動物だしね



僕は




自ら絶望を選んで




誰かに希望を与えた






人間を何人も知っている






安楽死が希望かどうかは




分からないけど






それが世界を変える




きっかけになるかも知れない








だからこそ






彼女は






自らの死を




世の中に公表していたのだろう


















ひとつだけ言えるのは






誰かの死のおかげで








僕たちは生きている








それだけは






忘れては




いけないことだと思う

著者の大森 拓也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。