22歳で世界一周に旅立ち世界中の遺跡の前でブレイクダンスしまくったケンシロウと僕の話

1 / 5 ページ

◆世界一周をした僕の弟◆

僕には5歳離れた弟がいる。その弟は大学を出ると同時に世界一周の旅に出た。便宜上弟のことをケンシロウ(あだ名)と呼び、彼の軌跡を紹介したいと思う。

※一子相伝の暗殺拳『北斗の拳』の話ではありません。僕の弟の話です。


■エピソード

・小さい頃

僕とケンシロウは正確には4歳半離れている。

1981年8月7日生まれの33歳の僕(ラオウ)と

1986年3月24日生まれの28歳のケンシロウ。


僕が小さくまだ妹と二人兄妹だった頃。父母に「弟が欲しい…」とお願いをしたそうだ。そうしたらケンシロウが産まれることになった。なんて子供思いの親。そして兄思いの弟だろう。雪の日に産まれたケンシロウ。ケンシロウ誕生の周辺日に大雪で停電となり真っ暗な中、お風呂に入ったことを覚えている。


・保育園時代

みんなでワイヤイがやがや。僕はその頃小学生高学年でラジオを聴き始め…そのエピソードはこちら

ケンシロウは両親ともに働き始めたこともあり犬久保公園の近くの保育園に入った。そこで伸び伸びと育ち、友達をたくさん作ったケンシロウはよく我が家に友達をたくさん引き連れて遊びに来ていた。まぁ僕も小さい頃は大量の友達を連れて家やら友達の家に遊びに行ってたので文句は言えないのだが。


・小学生時代

小学生にもなると色んなものに夢中になる。兄弟とはそもそもお互いに影響を与え合うものだと思うのだが、ケンシロウの興味を持つモノは一通り僕も興味を持った。コロコロコミック(僕は少年時代コミックボンボン派だった)、ポケモン、ビーダマン、ミニ四駆、釣り、世紀末リーダー伝たけし、みどりのマキバオー、ハイパーヨーヨーetc.

高校時代にプロレスにハマった僕はケンシロウ達を連れて秋葉台体育館に新日本プロレスの興行を見に行ったりしたのも今では良き思い出。


・中学生時代

剣道部で汗を流すケンシロウ。僕はその頃大学に入り一人暮らしを始めて愛する藤沢の我が家を飛び出していた。早稲田でバイトで生計を立て自活を始める僕。面やら小手やら突きやらを素足で極める弟。


・高校時代

ハンドボールとダンスを始めるケンシロウ。どうやら湘南台の駅のフリースペースでブレイクダンスを練習していたそうな。その頃の僕は朝日新聞でバイトを始めていた。朝から夜まで朝日新聞の築地本社でスポーツ部や写真部のデスクのコピーにお茶くみ、原稿運びに電話取り。あくせく働き4畳半の部屋からオートロックのマンションに引っ越すことが出来る迄になった。そして貯めたお金で初めての世界旅に旅立つ僕。なんと初めての世界旅はアフリカ(タンザニア)に行くことになった。

後ケンシロウも同じ場所に世界一周の過程で訪れることになるとは。。。当然この時知らない。


・大学時代

中央大学でバイトに明け暮れてアジアやイタリアを旅し始めるケンシロウ。我が家は不思議なもので人生の岐路に立つと母親が「旅に出なさい」と教えるんですよ。僕が大学2年生の夏に完全に行き詰った時にも「北海道でも行って来たら」と諭され青春18きっぷで北海道を一周してきたし、妹のシーナさんもなんだかんだでアジアを旅して旅にハマり旅にのめりこみ、ついにはアジアン雑貨を売ったり作ったりするデザイナーになり今やネパールに住んでるほどですから。母親の影響は大きなものです。そんなこんなで僕は社会の荒波に揉まれ起業を目指し就職。ケンシロウはダンスにのめりこみ世界一周の旅への準備を始める。


・世界一周にスタート(2008年5月)

僕は営業コンサルの会社で働き始め入社の前日にその復活ライブに行ったことからX(エックス)と呼ばれる。そんな中ケンシロウの世界一周は始まったのである。


一度きりの人生、後悔のない人生にしたい。

そんな思いから行き着いたのが今回の世界一周。

世界中で踊って、世界中の人と笑って、世界を肌で感じてこよう。

言葉も話せないけど、なんとかなるっしょ。

大事なのはやるかやらないか。

世界を見尽くしてやる。

んじゃ、ふらっと世界一周いってきまっす! ―ケンシロウ旅立ちのコメント

みんなの読んで良かった!