1. 人生初の英語のテスト~英語嫌いだった中学生が13年後にネイティブスピーカーに「Your English is So Good!」と言われるようになるまで。~

前話: 英語嫌いだった中学生が13年後にネイティブスピーカーに「Your English is So Good!」と言われるようになるまで。【プロローグ】
次話: 2. 音楽から学んだのは、リズム ~英語嫌いだった中学生が13年後にネイティブスピーカーに「Your English is So Good!」と言われるようになるまで。~

13才のころのわたし


わたしが中学校に入学したころは、それはもう13年前、ぎりぎり2000年代の話だが、

まだ小学校では英語が必須科目でなく、英語は中学校から学び始めるものだった。

80年代洋楽好きの母の影響で、エルビス・プレスリーのレコードをときどき聴いたり、

11歳くらいのときはマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)」がテレビでよく流れていて、そのメロディーが好きであやふやながら覚えたりと、英語で歌われた音楽には興味を持ちつつ幼少期を過ごしてきた。


そしてわたしは中学校に入学し、英語の勉強がはじまる。

はじまってみると、英語の授業は、正直「おもしろい」とは思わなかった。

「わからない」、のだ。

「知らない言語を学ぶ」ということの意味もわからず、「問題が解けた」という感覚のないフワフワとした感じ。

いま思い返してみても、「なにを学んでいたのか」すら思い出せない。


そんな13才のわたしが人生初の英語のテストで取った点数は、

苦手な数学や理科と肩を並べる点数、60点未満。

いわゆる平均点未満という、数字である。

この数字は、当時のわたしにしてみれば、相当に屈辱的だった。

そのショックたるや、13年経ったいまも鮮明に思い出されるほど。

小学校のときから生徒会長や学級委員といったリーダー的役目をこなし、テストではいつも満点近くを取っていたという、いま考えてみればとても幼稚な自信が、ひそやかに崩された瞬間である。

勉強というカテゴリーでみれば、人生初の挫折といっても過言ではない。


わたし
英語なんて・・・わからない!!!


あきらかな拒絶反応だった。

もう、英語では、上に行けない・・・そう思った。


でも、その後ある先生がわたしに英語の楽しさを教えてくれる日が来る。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

2. 音楽から学んだのは、リズム ~英語嫌いだった中学生が13年後にネイティブスピーカーに「Your English is So Good!」と言われるようになるまで。~

著者のShinya Kyokoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。