女の子の可愛いは、女の子にしか作れない。私がカメラマンになった理由

1 / 2 ページ


モデル: micha


えだまめ
「インターネットにいるカメラマンって、女の子を廃墟とか路地裏とか、暗いところで撮っているのが多いよね」
友人
「みんなセーラー服を着て、悲しそうな顔で、露出をしたりしている」


インターネットの闇


そんな話をしたのは、今年の4月頃だったと思う。


私はインターネット、特にツイッター、さらに言うとサブカルが大好きで、いつもパソコンにかじりついていた。


その中でも特に「被写体」という活動をしている、いわば個人モデルのような子達が大好きで、その子達の写真を見るためだけのアカウントを作って、カメラマンに撮られる姿や、自撮りなど、色々な表情を見ることが私の大部分を占める趣味だった。




(ツイッターにかじりつく私の写真)




そんな頃、同じくインターネットで自撮りを載せている友人と、ある会話になった。


友人
「モデル募集をして応募してきた女の子に、撮影をいいことにいやらしいことをしようとする人がいるらしい」


友人
「それで被害を受けて傷ついて、活動を辞めてしまった子もいる」


友人
「私にもおそらくそういう目的としか思えない撮影依頼がきたことがある」


私はひたすらショックだった。


私の大好きだったあの子もあの子も、もしかしたらそんなカメラマンのせいでインターネットに居られなくなってしまったのか?

可愛くてキラキラしているあの子たちは、そうやって危険と隣合わせでモデル活動をしているのか?


だったら、そんな彼女たちを守るカメラマンに私はなろう。

決意をした瞬間だった。




幸い趣味程度とは言え、16歳からカメラを続けていた私の経験年数だけは中々のものだったし、何度か友達にモデルを頼んでポートレートを撮ったこともあった。

そのレベルで広いインターネットの世界で通用するかどうか、そんなことも考えることもなく、勢いだけで、今まで個人モデルの子達をフォローしていたTwitterアカウントを写真撮影用に編集した。


作品を載せるためのHPに載せるための最初のモデルは、その話をした友達に頼んだ。



そうして、私の、カメラマンとしてのたった一人の戦いが始まった。








4月も終わる頃、「Girl makes Girl」という写真のテーマを、私はTwitterに作った。

その時の私のフォロワーはたった二人。

相手はフォロワー4桁超えのカメラマン達。


「ここで何かを起こさなきゃ、モデル活動をする女の子達を守れない」


その強い気持ちだけで、ミラーレスの一眼レフと買い足した高価なレンズだけを持って、私はインターネットに「カメラマン」として誕生した。


--------------------------------------------------------------------------

Girl makes Girl


「女の子のかわいいって、なんだろう?」


そのアンテナを誰よりも張り巡らせているのは、他でもない、女の子達自身です。 

誰もが一度は憧れた、自分だけの「大好きなもの」が詰まった世界 

企画「Girl makes Girl」は、そんな夢を少しでも形にしたくて計画しました。


撮られる女の子のための、安心の約束


・撮ったお写真は、撮影後一緒に確認して頂き、載せていいもの、そうでないものは削除します。 

・HPやTwitterでの公開以外の用途で使用する際は、モデルさん一人一人に必ず御連絡差し上げます。 

・肌の露出をするようなお写真は一切撮りません。 

・撮影現場は、女性しかいません。

--------------------------------------------------------------------------



トライ&エラーの繰り返し


5月の中旬、最初にモデルをしてくれた友達のおかげで、公募していたモデルの募集もぽつぽつ来始めていた。

みんな採用しよう。まずは沢山の人にこの企画を知ってもらいたい。

当時デザイン会社で働いていた私の土日は、撮影の予定で埋まっていった。

胸がいっぱいになるほどうれしかった。







けれど、私のフォロワーは一向に増えなかった。

二桁のまま大して変動することもなく、まさに「自己満足」の塊に見えた。

考え込んだ私は、無謀な行動に出ることにした。

えだまめ
「撮らせてもらえるかわからないけど、オファーだけでもしてみよう!」

ダメ元で、複数のファンだった個人モデルの子達に、企画のコンセプトと、写真を撮らせてほしいという内容のリプライを送った。

殆どの女の子は当たり前だけど相手にはしてもらえなかった。けれど、二人だけ、興味を持ってくれた女の子がいた。


「あの二人を撮れるなんて!!」


図々しくTwitterでの宣伝も頼みこみ、私はアイドルにプライベートで会いにいくような気持ちで、電車に乗った。誇らしいようで、不安で、そしてプレッシャーで手汗まみれの手を必死に拭きながらシャッターを切った。


休憩の時間には、今のインターネットにいるカメラマンの写真の、「折角可愛い女の子をあえて汚いところで撮ることに共感できなかったこと」や、「私は絶対モデルさんの思う『可愛い』を形にするような写真を撮りたい」という気持ちを精一杯伝えた。


撮影をした写真を取り込み、色合いを調整し、その日の内にモデルさん達にデータを渡した。

どんな反応が返ってくるか、不安でしょうがなかった。

Twitterに投稿する指は震えていたと思う。



「すごく可愛くとってもらえました!カメラマンさんはえだまめさんです!」

「これがお気に入りの一枚!カメラマンはえだまめさんです」



彼女たちのたった一言が、私の人生を変えた。


見たことないくらい沢山のお気に入りの数。どうかしてしまったんじゃなかいかというペースで増えるフォロワー。

その二人とは現在友人としてプライベートでも仲良くさせてもらっているけれど、今でも感謝の気持ちしかない。あの時二人が私を「認めてくれた」おかげで、私はここまでこれたんだよ。


著者の水田 くるみ えだまめさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。