それは必ずどこかにある ~あなたのファンが居る世界の探し方~

1 / 10 ページ

自分の長所とか、そんなの恥ずかしくて言えないよ



長所と短所という言葉を初めて知ったのは、小学生くらいの頃でしょうか?


当時10歳くらいのツルツル脳みそのぼくは、


「長所は良くて、短所はダメ」


くらいのレベルで理解してました。


その後ほんの少しだけ脳みそにシワが増え、


長所とは客観的に自分を見て、

生きる上でそれがプラスに作用するもの。

または、得意な事。



短所とは客観的に自分を見て、

生きる上でそれがマイナスに作用するもの。

または、人より劣っている事。


そう、考えるようになりました。


それでも変わらないのは、

自分を無理矢理プラス部分とマイナス部分に分ける事。


だから、


「私の長所はコレです!」


なんて言うのは、他人に評価されてない自意識過剰の部分を、

恥ずかしげもなく晒すのと同じで、

誰かに告白するような事じゃないと思ってました。



しかし、


長所をカミングアウトし、それによって魅力的に自分を表現する事は、

これからの時代を生きてくのにかなり重要な事らしいぞ?

と、またちょっとだけシワが増えた脳みそで、

最近は考えるようになりました。

みんなの読んで良かった!