大学受験以降、英語に触れてなかった僕が、海外企業と取引をするまで~その1

次話: 大学受験以降、英語に触れてなかった僕が、海外企業と取引をするまで~その2

日本の製品を日本人相手に売っていくビジネスには、

将来的に限界があるなと感じていた。


これは、日本が今後、人口が減少していくという

抗いようがない事実がまずある。

一方で、周辺のアジア諸国に目を向けると、若い人たちが沢山いて

これから経済的にもどんどん伸びる余地がある。

景気がよくなかったり、人口がこれから減っていくとはいえ、

日本製品のクオリティはとても高い。

であれば、日本製品を、海外、特にアジア諸国へ売っていく

輸出・貿易ビジネスをしていこう。

そう、思った。

とはいえ、今でこそ、単価が数百万円ほどの製品をアジア諸国へ

販売するようになったものの、最初から何もかもうまくいったわけでは

もちろんない。

そこに至るまでの紆余曲折が、たくさんあった。

欧州のメーカーのある製品をアジアで販売する権利を取得した。

日本では既に、販売されている製品で、販売実績もかなりある。

これは、メーカーの方にも聞いたし、日本で販売されている会社からも聞いた。

よーし、アジア各国でバンバン売るぞぉ

と意気込んでみたものの

びっくりする程、売れない。。。

続く

合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

続きのストーリーはこちら!

大学受験以降、英語に触れてなかった僕が、海外企業と取引をするまで~その2

著者のShimada Ryouさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。