大卒1年のサラリーマンが100万円で飲食店を起業した秘話

1 / 2 ページ

これは私が大学を卒業して一年後に素人ながら発案から

わずか1か月後にイタリアンダイニングバーを脱サラ開業した物語です。



22歳の起業決意

「10年くらい全力で働いて、実力をつけて、資金をつくって、起業してBIGになる!!

そう決めて入社したこの会社。

入社前は期待でいっぱいだった。

4畳半に二人暮らしの学生寮に住むほど貧乏学生だった私は、お金に困らない裕福な暮らしを思い描いていた。

楽しみで仕方なかった。


ところが実際就職してみると現実の社会の厳しさに直面する。


給料は悪くなかった。

でも、大学時代の奨学金の返済、車のローンや住宅費という支出の多さに勤めてから気が付いた。

計算が甘かったのである。

社会人=お金がある

そう思っていたため、生活費のことなど考えもしていなかった。


勤務時間が長いため、バイトもできない。


お金がない・・・


国立大学を出て、ストレートで就職したのに、

毎日スーパーの半額弁当を食べている自分。

惨めで仕方なかった。


生まれてこの方、貧乏しかしたことがない。


そういう運命なのか?

貧乏人の子は一生貧乏なのか?


半額の弁当を食べながらいろいろ考えるようになった。


そして自分の将来についても本気で考え始めた。


10年後本当に起業できるのか?

10年後?つまり32歳?

もう30代かー

上司の姿が将来の自分の姿だとはよく言うが、

30代の周りの社員は家計も仕事もたいへんそうだった。

朝早くから夜遅くまで愚痴をこぼしながら仕事をし、

それでも裕福な感じは全くなかった。

成果主義でもないこの会社。

自分もこの人たちみたいになるのだろう。


10年で開業資金を本当に貯められるのか?

30代になれば、結婚・出産・親の介護・・・

そんなことも考えないと!


え?もしかして、それなら10年後は今より起業するんたいへん!?


背負うものは年々多くなる。

32歳の自分はそれでも本当に起業するのだろうか?

家庭やお金のせいにして夢を諦めて、

そこらへんのおっさんになってしまうのか?

なりそう・・・w


え?もしかして、今が起業の絶好のタイミング!?

私はふとそう思った。


今しかない?


背負うものも少ないし、失敗してもまだ22歳!

泥水啜って這い上がればいいか!!


このままここにいても10年後も一緒!


とりあえず22歳でいきなり社長になったら何かみえてくるはず!


よし!!起業してやる!!!!




運命のパートナー


奥野
みんな会社辞めたいんやろ?みんなで起業しよ♪ww


5人の同期新入社員の愚痴大会の中で提案してみた。

いいねー
起業しよっかー

いつものみんなの適当な軽いノリ。


でもこの男は違った。

三木
起業かー


真に受けている。w


実はこの男、「三木」は大学時代の寮の同室で、4畳半に2人で住んでいた「相方」である。

別にお互い友達が他にいないわけでもないが、

なぜか寮以外でも学部もサークルもバイトも同じで、まさかの就職先も同じだった。


保守的で堅実な彼は起業とは程遠い、公務員を目指して勉強していた。


三木
やってみるか!


なぜか乗ってきたこの男の一言で、私の起業熱は一気にヒートアップした。

奥野
よっしゃ!!脱サラで会社を興す!起業や!!


でも、何する?(笑)


起業したいという思いだけで何のアイディアもない・・・ww

更に2人とも貯金はほぼゼロ!w

新入社員だから何のスキルも経験もない・・・

ど田舎勤務のため、会社の人以外に人脈もない・・・


何もない!!!w


私たちは笑えるくらいに何もできなかった!


「っで、どうしよかー?」


こんなところから極秘で行われた毎日の起業の打合せがはじまった。

というよりも何ヶ月も毎日この同じセリフを言っていた。


全然決まらない事業内容


著者の奥野 隆太さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。