9 min read

2度絶望を味わい、見えてきた世界 ~年収2000万円に到達するまでのMY STORY~ Part1

Picture?width=400&height=400
著者:
甲斐 秀樹
1 / 7ページ

夢を諦めること。

それはどれだけ辛いことなんだろう。

夢を追うこと。

それはどれだけ素敵なことなんだろう。


あなたの夢は何ですか?

その夢は叶いましたか?


僕はある一方では叶ったほうで、ある一方では挫折したほうなのかもしれません。


そして今ではその夢を見ること無く一つのことに取り組んで、表面的には幸せな風に生きてきているのかもしれません。


そんな僕の生まれてから今までのSTORYを書き残していこうと思います。


0才


首にへその緒が二重に絡まりながら長男末っ子として生まれる。

アトピー、アレルギー(卵など→現在は何とも無い)で悩まされていたらしい

北区→豊島区→朝霞台と姉弟ともにアトピー治療のため引っ越し回数が多め



4才~


両親が共働きだったため、保育園に預けられる。

初めて預けられた時は母に抱きついてわんわん泣いていたのを何となく覚えている。

保育園ではあやとりなど男の子の遊びよりも女の子の遊びに興味を持っていた。



小学校入学 


埼玉県朝霞市立朝霞第七小学校入学

保育園出身が僕だけだったのか幼稚園組とは距離感を感じる。


加藤淳君と言うガキ大将に喧嘩に負けたことでナンバー2的な感じで2年生まで過ごす。

ファミコンブームで月に一本ソフトを買って貰ってたためゲーマーに

家はファミコンが買えない友達のたまり場になっていった。



転校 


埼玉県大宮市立指扇小学校に転校