2度絶望を味わい、見えてきた世界 ~年収2000万円に到達するまでのMY STORY~ Part1

2 / 7 ページ

群れをなすというより、誰か一人と毎日遊ぶような学校生活を送る。

ゲームばかりの生活だが、外でもしっかり遊んではいた。


もしかしたら引っ越したということで、慣れるまでに時間がかかると言う事が億劫になり

この時期からみんなとつるむと言うことを避けるようになったのかもしれない。



クラス替え


クラス替えの伴ない、東京から引っ越してきた河合君による陰湿なイジメが始まる。

(誰か一人というより、順繰りしてシカトされるような感じ)

外でも遊ぶが折り紙やドラゴンボールの表示を写し紙に書き写す遊び

また、オリジナルのゲームなどを作ってクラスのトレンドを作ってたりした。



中学校入学


キャプテン翼、スラムダンクの影響でサッカー部かバスケ部に入ろうと思ったが

体験入部のトランポリンが楽しかったので器械体操部へ入部

二年上の三年生が全国大会に出場していたので全国大会を目指すようになる。



中学校生活


240人中230位など、学業の成績は最下位クラス

それを見かねた親が家庭教師を付けてくれるが勉強の話しはせずに女の子の話ばかり聞いていた。


部活では何とか全国大会はレギュラーとして出場

この時期にはゲームソフト会社に入りたいという思いは何となくあった。

深夜番組の特集でスクエアを特集していてフレックスタイム制と言う自由な働き方や

ファイナルファンタジーへのあこがれも有りスクエアを目指すように。



高校入学


1年生

新体操部からスカウトは来ていたが

中学校の先輩がウエイトリフティング部に入っていたので追いかけて入部

日曜日が休みだったと言うのもある。


国際情報技術科と言うパソコンの授業とワープロの授業がある学部に入学

試験勉強と言うものを初めてした所60位位になり少し勉強(一夜漬け)が楽しくなる。

みんなの読んで良かった!