おばさんと無農薬レモン その2

おばさんは、時々畑の帰りにレモンを持って訪ねてきた。

レモンがたくさんになって冷蔵庫におさまらなくなった。

微生物が耕す畑をやってる友達(これからは微生物と書きます)に会ったとき、

「無農薬のレモンがいっぱいあって。」と話した。


そしたら、無農薬レモンをガン治療に使う人たちがいて、一年中レモンを探してるのだと聞いた。

ない時期はリキッドタイプのレモンをつかうけど、フレッシュな無農薬レモンを求めているのだと。


微生物は日本中にファンがいて野菜を送っているのだ。

それで、野菜ボックスに無農薬レモンを入れてガン患者さんに届けた。


おばさんに、

「ガン治療をしてる人にレモンが届いたよ。薬を使わないレモンを探してるんだって。」

と話した。

おばさん、いつもぼっこだって言ってるから、誰かのお役に立ったと知ったら喜ぶだろうなぁと思って。


それで、わたしはおばさんと微生物をつなぐルートとなった。

おばさんにレモンがとれたら声をかけてもらうことにした。


おばさんがレモンを持ってくるときは、いつも3個ずつビニール袋に入ってるようになった。

なんで袋入り??? なんで3個???



みんなの読んで良かった!