一人暮らしの女がリビングをゲストハウスにしたらいろんな国の人がやってきてもうすぐ3年になる話

次話: 第1話 断れない日本人の私

小さなリビングに世界中の旅人を泊めるようになって、もうすぐ3年になる。と言うとほとんどの人が「えっ?大丈夫?」という顔をする。寝る部屋は別だが、生活スペースは共有。女性だけでなく男性も来る。むしろ男性のほうが多いくらいだ。1日だけの人もいれば3週間の人もいる。言語が通じる人もいれば、ほぼまったく通じない人もいる。それでもお互い何とかやってきた。これまでに生活を共にした旅人は50人ほどだろうか。

どうしてこんなことをしているのか?うちのリビングではどんなことが起きているのか?最近では、見知らぬ誰かとの生活が当たり前になってきつつある。自分でも忘れそうだ。だから今のうちに、あんなことやこんなことを書いておこうと思う。

東京編がKindle本になりました

「リビングはゲストハウス」 絶賛発売中!



カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

第1話 断れない日本人の私

著者のS Ishinoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。