13 親の初夜の話「だってコワイもの」「何もしないよ」【息子たちに 広升勲(デジタル版)】

1 / 2 ページ

後編: 14 親の初夜の次の日の話 ウソ【息子たちに 広升勲(デジタル版)】

---------------------------------------------------------------------------------------------

この話は、わたくしの父が1980年に自費出版で、自分と兄の二人に書いた本です。

五反田で起業し、36で書いた本を読んで育った、息子が奇しくも36歳に、

五反田にオフィスを構えるfreeeの本を書かせていただくという、偶然に五反田つながり 笑

そして、息子にもまた子供ができて、色々なものを伝えていければいいなと思っています。 息子 健生

---------------------------------------------------------------------------------------------



「だってコワイもの」「何もしないよ」



まだ夜は寒い三月十七日。深夜の二時(正式には三月十八日)

母ちゃんはコタツに電気を入れた。お湯を沸かして紅茶を作っていた。

その間、父さんはそばにある“赤旗”をひろげて見出しを追った。

母ちゃんと過ごすはじめての夜である。てんで赤旗の記事は頭には入らなかった。

紅茶を飲んだ。

キッスをした。ながいキッスが終ってコタツに足を入れたまま、

「つかれた、ネムイ、ネムイ」とねたふりをした。

母ちゃんは、「じゃあ床を敷きましょうか」といって、床を敷いてくれた。すぐにその中にもぐりこむと母ちゃんは、さらにもう一組の布団を出そうとしている。

「二つ敷くの?」

「そうよ、いつもはそれに私がねて、こちらに都ちゃんがねるの。今日は都ちゃんの方にねるわ」

「いいじゃないか一つで、面倒くさいのに、一つにしておきなよ」

「だって、広升さん何かするでしょう、コワイから」

大丈夫だよ。何もしないよ、もうつかれたネムイ、ネムイ」そういってグーグーガーガーとたぬきねいりのまねをした。

母ちゃんは、どうしようかなと迷ったような顔をしながら、出しかけた布団をおし入れにおさめた。

しかし、すぐには布団の中に入って来なかった。洋服ダンスを開いて見たり、赤旗のパラパラめくって見たり、

「ネエ、早くねなよ、つかれているんだろう」父さんは布団の中から、何度も声をかけた。「だって」

「エエ、ワカッタワ」

「ハズカシイ」といってなかなか入って来ない。

その内に父さんは背中をクルリと反対に向けて、本当にねむったように、静かにしていた。でもつかれていても、とてもねむることはできなかった。

母ちゃんとははじめての夜だもの。

その内母ちゃんは静かにパジャマに着がえ電気を全部消して、ソーット父さんの横に入って来た。

それでも父さんは知らん顔して寝たふりをしていた。

しばらく、そのままジーッとしていた。長い長い時間のような感じだったが、その時間は十分ぐらいだったろうか、あるいは、五分ぐらいだったか、もしかしたら、たったの二分ぐらいだったかもしれない。

その長い時間に耐え、父さんは、ソーッと母ちゃんの手をにぎった。

母ちゃんは布団のはしで、父さんと同じように背中をむけて、ねむったふりをしていた。

母ちゃんだってねむれてないんだよ。

好きな、好きな、大好きな男性に抱れる一瞬だものね。

父さんと母ちゃんは結ぼれた。

昭和五十年三月十八日、午前三時。父さん三十三歳、母ちゃんは二十三歳になったばかりだった。



みんなの読んで良かった!