フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (4)ニノイアキノ空港

1 / 2 ページ

前編: フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (3)出発の朝
後編: フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (5)踊る大捜査線

まずは、前回のおさらい。

◆◆◆【旅のしおり】◆◆◆

私:9:30(成田発)~13:30(マニラ着)

彼女:8:00(ダバオ発)~9:30(マニラ着)

私&彼女:ニノイアキノ空港で合流

私&彼女:15:30(マニラ発)~17:30(ダバオ着)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


初めてのひとり海外で、

現地の国内線の乗り継ぎに

自信がなかった私は、

彼女に迎えに来てもらうことにしていた。

寝坊して、飛行機乗り遅れちゃった・・・

彼女からの電話は搭乗時間の20分前。

自分はすでに出国手続きも済んで、

飛行機に乗るだけなのに...


フィリピン行きを心配してくれた

家族や友人に、

「彼女が寝坊したから行くのやめました!」

なんて、言えるはずもない。

この短時間で、なんとか

確実に会える方法を考えなければ...

今、ダバオの空港で聞いたよ。次の便に乗ればまだ間に合うって。お昼にはマニラに着くって。
よかった、なら次の便に乗って来て!
でも、チケットを買うお金がないの。

そうだった...

彼女は暇なアルバイト生活...

マニラからダバオに戻るときの

彼女のチケットも、日本で手配して

自分が持っているぐらいだ...

あのね、ケータイ質屋に入れてお金借りれば、チケット買うお金なんとかなる。
でも、それじゃマニラで合流するときの連絡手段なくなるよね?
あなた決めて。早くしないと、次の飛行機も出ちゃうよ~
解った。ケータイ質屋にいれてチケット買って!次の便で迎えに来て!

彼女は今にも泣きそうな声だった。

このとき、彼女に伝えられたのは、

次の3つだけ。

①私がマニラについたら、彼女のケータイを鳴らす。

②電話に出なかったら、ケータイを質屋に入れてチケット買ったと考える。

③もしも次の便に乗れなかったら、必ず電話に出て!

これが精一杯だった...


4時間後、不安を抱えたまま、

自分はマニラの空港に居た。

飛行機を降りると同時に、

ケータイをグローバルモードに切り替え

みんなの読んで良かった!