フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (5)踊る大捜査線

前話: フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (4)ニノイアキノ空港
次話: フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (6)ファミリー

フィリピン人の出迎えの集団を

目の前にしてはっきりと認識した、

ここは外国なんだと...

彼女に会うという目的があったから

多少のリスクに関しては、

無意識に目をつぶっていたと思う。

気温30度のマニラで冷静になって、

少し寒気がした。

タイムリミットは2時間、

ヤバいかもしれない...


まてよ!?

冷静になって思いついた!

彼女も自分を探しているはずだ!

自分が1/500を探すより、

彼女が1/1を探す方が早いだろう...

私は、出迎え集団の近くにあった

灰皿の横でタバコに火をつけ、

なるべく、”日本人1人”だと言うことが

解るようにした。

(本当はタバコが吸いたいだけ)

Are you Japanese?
オニイサン、ニホンジンカ?

そして、私を見つけてくれたのは、

空港警察のお巡りさんだった...アヒャヒャ

そりゃそうだ。

彼女を探すために、

辺りをキョロキョロ見回している日本人1人。

どう見ても、挙動不審だ...

お巡りさん
あなたひとり?大丈夫?観光?(片言の日本語)

自分のこれまでの経験上、

こういう時に変に取り繕うと

かえって話がややこしくなる。

ここは正直に

自分が置かれている状況を話そうと思った。

あいむ、るっきんぐふぉー、まい、がーるふれんど。(片言の英語)
お巡りさん
お~、彼女いるの?彼女はどこ?
あいどんのー。あい、ぷろみす、みーてぃんぐ、ひあ。ばっと、のっと、みーと、ふれんど。

英語はできません。

でも、伝わるもんだね~

不思議とお巡りさんがしゃべっていることも、

なんとなく理解した。

以下、私の推測でお伝えします。

お巡りさん
彼女は、どこで待っているの?
決めてないよ。探せばわかると思ってた。
お巡りさん
それは大変だね。でも、彼女はケータイ持っているだろう?電話すればいいじゃんか!番号知ってるんだろう?出してみろ、おれが電話掛けてやる。
いや、あの、その、えっと・・・

彼女は、飛行機のチケットを買うために

ケータイを質屋に入れた。

だから、電話をかけても無駄だ。


という英語を話せるはずもなかった。

(質屋って英語でなんて言うの?)

そうこうしているうちに、

お巡りさん仲間が集まりだした。

お巡りさん
よー、この日本人、彼女探しているみたいなんだけど、何言ってんのかよく解らないんだよ。
お巡りさんB
なにそれ、面倒くせーなぁ。大丈夫なのか?
お巡りさんC
おまえら、何やってんだよ?

気が付けば、

お巡りさん5人ぐらいに

取り囲まれている自分...

お巡りさん
なぁ、お前の彼女の名前はなんて言うんだ?

私は、とっさに

マニラからダバオ行きの彼女のEチケットを

カバンから取り出し、名前を指差した。

お巡りさん
○×□○×□○×□○×□

なにやら、仲間内で

お話しをされてる様子。

お巡りさん
彼女の見た目は、どんな感じだ?

出発前夜、

Skypeで見せてもらった服を説明した。

「ピンクのキャミソール」に

「デニムのショートパンツ」

お巡りさん
しょーがねーなぁ。おい、お前フロア1を見てこい。お前フロア2を探せ。お前インフォメーション行って館内アナウス頼んで来い。おれは、こいつと一緒に探すから。
えっ?

こうして、彼女の大捜索が始まった。

汗だくになって空港の端から端まで

歩き回って彼女を探し続けた...

しかし、気が付けば時計は、

15:00を指そうとしていた。

もう、時間がない。

乗り継ぎの飛行機に間に合わない。

一緒に探してくれたお巡りさんも、

あきらめ顔だ。

お巡りさん
お前これからどうするんだ?このままマニラに残るのか?それとも、飛行機に乗ってダバオに行くのか?そろそろ、決断しないとダメだ。
もう、あきらめろ・・・

やっぱりダメなのか...

決断しなくてはならない...

わかった。飛行機に乗るよ・・・

マニラに残っても、

彼女に会える保証はなかった。

でも、自分がダバオで泊まるホテルは

彼女に伝えてある。

やみくもに動くより、

確定している予定に従った方が

連絡は取りやすいと思ったからだ。

お巡りさん
そう、気を落とすな。気持ちはわかるよ・・・

結局、彼女は見つからないまま

ローカル線のチェックインカウンターに向かう。

カウンターは既にCloseしていたが

お巡りさんが話をつけて

無理やり開けてもらい

なんとかチェックインできた。


それからセキュリティゲートまで歩いて、

カバンを預けた。

えっ?靴も脱ぐの?

解ったよ、脱ぐよ...

ゲートを通り抜けてカバンを受け取った。

「おれ、1年越しで騙されてたのかな?」

そんなことを思いながら、

脱いだ靴を履いているときだった。


ゲートの向こう側で、

お巡りさんが何か叫んでる。

そーいや、ほかのお巡りさん達にお礼、

言ってなかったな...

お巡りさん
おい!お前の彼女って、こいつか?
そいつだぁ~~~~~
居たぁ~~~~~

あるんだね、ドラマみたいなことって。

「よかった、やっとあえたね。」

(二人抱き合う)

ー 完 ー


いやいや、完じゃないってば...

お巡りさん
おまえなにやってんだ!早く彼女のチケット出せ!
えっ!あっ!はい!
お巡りさん
彼女!
早くしろ!
走れ!
待ってよ!
良かったぁ
会えないかと思ってたよ・・・
あのさ、お巡りさんがチップくれって・・・

やさしいお巡りさんたち、ありがとう...


続きのストーリーはこちら!

フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (6)ファミリー

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。