フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (6)ファミリー

1 / 2 ページ

前編: フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (5)踊る大捜査線
後編: フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (7)憎めない野郎ども

リポビタンDのCMみたいに、

谷底に落ちかけていた自分の手を

引っ張りあげてくれたのは、

空港警察のお巡りさんだった。

私は、ひとり頭500ペソ×5人で

2500ペソをお巡りさんにチップとして渡し

彼女と一緒に、ニノイアキノ空港を

飛び立った。


Closeしていたチェックインカウンターを

無理やりこじ開けて乗せてもらったので、

彼女との席もバラバラになり

まともに会話ができたのは、

ダバオの空港に降りてからだった。


ダバオ空港のロビーで

やっと彼女と向き合ったとき、

なぜか違和感を感じた。

そして、マニラで彼女を

探し出せなかった理由がやっとわかった。

ピンクのキャミソールにデニムのショートパンツで迎えに来るって言ったよね?
うん。
今なに着てる?
ボーダーのTシャツにGパン。
ピンクのキャミソールにデニムのショートパンツは?
だって、寝坊しちゃったから・・・
ぶっとばすぞ!
えへへ

何はともあれ、予定通り!? 

ダバオに着いた。

そして、真っ先に向かった場所は、

彼女のケータイを預けた質屋だった。


初めてのダバオ・・・

初めてのフィリピンの質屋・・・

めでたく彼女のケータイを取り戻し、

予約していたホテルに着いた。

滞在期間は、5泊6日の予定だった。


部屋で荷物を降ろして、

改めて彼女と向き合った。

知り合って1年、

Webカメラ越しでは

何度も顔を見てはいたけど、

実物を目の前に居るとなると、

やっぱり緊張する。

はじめまして
こちらこそ
日本にいるとき、あなたが言ったこと覚えてる?
覚えてるよ
実物を見てみてどう?
気持ちは同じだよ
そっか

彼女がいいと言うのなら、

日本とフィリピンの

みんなの読んで良かった!