アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話

1 / 4 ページ

後編: アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話② 突然の出来事

氣が付くと、目の前のドアの板が壊れてる。


胸が不安と悲しみで押し潰されそうだ。




やっぱりそうだったか。。。


その言葉と同時に我に返っていく自分がいる。





心の声が言う。



「後悔のない生き方は?」





人なんてのは、本当にいつ死ぬか分からない生き物だ。




自分の心には嘘をつけない。





「大学辞めて東京に行こう」





ものすごい早い決断だった。



正直、


勇気はいった。




本当は、


不安で押し潰されそうだった。




けど、


全く迷いはなかった。




それよりも大事なものが自分の目の前にはあったから。



人は守るべきものがある時、強くなれる。





アメリカに来て3年。



人生の運命というか、流れというか、決断というか、


すべてがそこに集約されていた。




そう、


まるでシンクロのように。





やるべきことは分かっていた。



だから、不思議と違和感はなかった。




状況がそういうふうに作用してたし、


直感で少し前から分かっていたのかもしれない。





しかし、


この決断と同時に、


これは新しい出発と別れを意味していた。







なぜこういうふうになったのかというと、


それは2012年8月まで遡らないといけない。





その頃、俺は初めての起業を詐欺というもので潰され、


日本に1度帰国しようと決めた時だった。




小学校3年生から始めたバスケ。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。