あの頃見た夢は終わらない 〜青春の京都学生ガイドクラブ〜

1 / 3 ページ

後編: 学生ガイドになる! 覚悟を決めて、はじめの一歩 〜青春の京都学生ガイドクラブ〜

総乗務台数226台(=総乗務日数226日間)


大学4年間で、わたしが学生ガイドとして、バスに乗務した台数です。


修学旅行をはじめとする京都を訪れる観光バスに乗って、現地ガイドとしてお客さまに観光案内をする大学生。それが京都の学生ガイドです。


わたしが、最も多くの仕事をこなしたのは、大学3回生の春です。


約2ヶ月半のシーズン中、45台の乗務を行いました。2日に1回はバスに乗っていた計算です。ゴールデンウイーク明けは、修学旅行のピークです。来る日も来る日も仕事で、2週間近く連続乗務したこともあります。


ガイドの仕事は一期一会。毎日毎日、違う現場で違うお客さまにお会いします。


日本中のあちこちから京都へやってくるお客さまの前に立てば、どんなに疲れていても前の日寝てなくても、もう、条件反射的に体が動き、しゃべり続けました。


「仕事が忙しくて、学校に行けない」


コレ、本当でした。(もう、アイドルかっ!! 笑)


怒涛の旅行シーズンが終わり、学校に行けるのは6月の終わり頃です。夏休みまでもう1ヶ月もない!夏休み終わったらすぐ前期試験! 単位を取るには友達のノートだけが頼りという、本当に綱渡り状態でした。ついつい、ガイドの仕事を優先させてしまい、学校はいつもこんな感じ。そうそう、卒論は締切間際に徹夜して仕上げ、時間ギリギリ、もう5分前くらいに駆け込み提出しました。


よく4年で卒業できたものです。


学生時代、わたしは学生ガイドとして、「京都学生ガイドクラブ」に所属して、仕事をしていました。


「クラブ」という名前で「学生のサークル活動だよん」という空気を醸し出していますが、果たしてその実態はと言うと、全国の旅行代理店や観光バス会社から仕事を請け負っていた「学生団体」でした。


構成メンバーは、主に京都市内の大学に通う学生で、わたしが在籍していた頃は、立命館大学、同志社大学、京都産業大学、京都大学、京都女子大学(わたしの母校です)等の学生がいました。ちなみに「ガイド」というと女性のイメージが強いのですが、メンバーの過半数は男子でした。


また、「学生が京都の観光案内をする」という似たコンセプトの団体は、あと2つありました。京都市がバックについていた「京都学生観光連盟(学観連)」と京都市観光協会が母体の「京都学生ガイド協会(協会)」です。


他団体のメンバーとは、仕事上、様々な観光地で顔を合わせることも多く、結構、ライバル意識、持っていましたね。組織に守られていた他団体とは異なり、バックになんの後ろ盾もなく、完全な自主運営は、「京都学生ガイドクラブ」だけでした。大人に頼らず、組織に頼らず、お金に頼らず、なんでも学生である自分たちでやっているということに、本当に誇りを持っていました。


ガイドの仕事のお取引先は、京阪神を始めとして、日本各地のバス会社や、J◯B、近◯ー、日◯旅行、東◯観光等の一流旅行代理店ばかり。


会社でもなく、社団法人でもない。そもそも法人じゃない。そんな学生団体に、よく各社様が仕事を発注してくれていましたね。そこら辺が何ともグレーだったと言うか、何と言うか……。いい時代でしたね。


お客さまは主に修学旅行生、そして、一般団体さん。活動範囲は、京都にとどまらず、お客さまの観光コースに合わせて、奈良・大阪・兵庫(神戸・宝塚・姫路等)・滋賀(比叡山・大津等)を含めた近畿一円に及んでいました。


ガイドの仕事とは、皆さんもご存知の、バスガイド(はとバスとかで、今でも見かけますよね。)、一言で言うと、アレです。


観光バスに乗り、車中で案内をして、お客さまと一緒にお寺や神社などを回って案内をしました。


車中でガイドをする時は、ガイド席でお客さまの方を向いて、つまり進行方向に向かって後ろ向きに立ちます。

みんなの読んで良かった!