【私の思い出たち】〔第三話〕

前話: 【私の思い出たち】〔第二話〕
次話: 【私の思い出たち】〔第四話〕

崩れた均衡

 昔のこと。ある子が不登校気味になってしまった。そこでその子が学校に来やすくなるように保護者に働きかけ,私の指導する少年団に入部してもらった。その子は教室に入るのは嫌だが練習はしたいので,なんとか登校するようになった。そして技術が向上し,その活動が周囲から名指しで絶賛されるまでになった。


 その子は自身と自信を取り戻し,時間はかかったが,学校生活を再び謳歌するようになった。その過程で得た友人の助けもあり,もう心配はないだろうと思えた。


 その子が突然,転校することになった。朝から私は不機嫌で,職員室では,誰も私に話しかけてこなかった。授業がおわり,級友に見送られ,その子は帰宅していった。私は少年団の指導があったのでおわかれも特別にはできず,夕刻をむかえた。


 突然職員室に,その子がやってきた。保護者同伴だった。私の顔を見た。その後数分,私とその子は,じっと見つめ合ったままだった。

 結局何も言わず,その子は職員室を出た。廊下には目を真っ赤に腫らしたお母さんの顔があった。私はぐっとこらえてお母さんに挨拶した。



 二人を見送り終わって職員室に戻った。自分の席に座り,動けない。少しでも動くと,均衡が崩れそうだったから。

 事情をよく知らない若手の先生が仕事のことで私に質問してきた。私は答えようとして口を開いた。その途端,均衡が崩れた。

 私は机に突っ伏して,おいおいと泣き始めた。

続きのストーリーはこちら!

【私の思い出たち】〔第四話〕

著者の森内 剛さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。