アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話③

前編: アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話② 突然の出来事


あ〜戻ってきた


4ヶ月ぶりのアメリカ。

って言っても、16時間で着いちゃった。


24時間あれば、世界中どこでも行けそうだね。

便利な時代だ。



アメリカに戻った俺は、日本語を教えるというバイトをやり始めた。



バイトをしながら、空いた時間で情報を求め、インターネットで色んなことを調べていた。


終わったら授業へ。


それから身体を鍛え、バスケをするという毎日。


何一つとして、不自由のない日々。


更に香港人の彼女もできた。

幸先良し。笑



そんなある日。


母からSkypeがかかってきた。


手術を受ける。
えっ!?


何も聞いてなかったからビックリ。

手術?


卵巣がんらしくて、子宮も摘出しなあかんねん。
良磨が生まれ育ったところやし、来週には手術で急やねんけど、手術の時だけ帰ってきてほしい。


急展開すぎる。



来週って。

1週間後やん。


わかった、帰るわ!


学校に1週間の休みをとる旨を伝え、いざ日本へ戻る。


が、しかし急すぎたこともあって、大阪直通がない。


一旦東京で、そこから夜行バスで大阪に。


大阪に戻って、病院へ。


変わらない顔がそこにはあった。


ありがとう。
うん、大丈夫?


元気そう。

少しホッとした。


たわいもない話ばかり。

笑顔がこぼれる。



主治医
お腹の横から小さな穴を左右からあけて、そこから摘出するので、ダメージは大方少なくて済みます。


身近な人が手術を受けるのは初めての俺にとって、それは不安を和らいでくれる言葉だった。


手術の内容も一通り聞き終わり、



がんばって。
うん。



手術室へと母は運ばれていった。


そして、手術が始まった。




。。。


30分程経ったくらいの頃だろうか。

看護婦さんに別室に呼ばれた。


そこには主治医の人も立っていた。



そこには摘出されたと思われるものが2つ置かれていた。


これは。。?
主治医
2つとも卵巣です
え?!



片っ方は2cmあるかないかに対して、もう一方は10倍くらいの大きさがある。


とても同じものには見えない。


そして、主治医の口から思ってもみない言葉が飛んできた。



主治医
思ってた病気と違うかもしれません。
え?
主治医
やむなく、手術内容を変更させていただきました。


それからその手術内容を聞かされた。


お腹の横から少し左右に小さな穴をあけると言ってたところから、大幅な変更。

お腹を切って摘出したと後から聞かされたのだ。


どういうことですか?


少し説明があったが、よく分からない。


そして。。手術が終わった。



看護婦さん
長男の方いらっしゃいますか?
あ、はい。僕です。



主治医のところに呼ばれる。



主治医
長男の方ですか?
そうです。



手術で何が起こったかの全体像を聞かされた。


そして、

これから主治医が言った言葉を、

そして光景を、

俺は今でも鮮明に覚えている。



主治医
長男の方なので、先にお伝えしておきます。今検査中なので、まだ分かりませんが、症状を見るところ、虫垂癌の可能性があります。
チュウスイガン?
主治医
はい、これは非常に珍しい癌で、100万人に1人の癌と言われていて。。日本でも症例がかなり少ないです。当病院では、この病気の治療の仕方を知っているものはいません。



サラッと言われて、思わず言葉を失う。

思考がついていかない。


。。え? つまり、どういうことですか? チュウスイガンって何ですか?
主治医
虫垂癌とは。。。


虫垂癌の説明をされる。



しかし、


聞いている途中で衝撃的な事実に氣付いた。



主治医の目がよくチラチラ、パソコンの方を見ているのだ。



何を見ているんだろう?
。。。。。。ん?Wikipedia?



目が点になった。

この人。。虫垂癌のこと全然知らないんだ。



主治医
検査が分かるまで、2週間はかかるので、まだ分かりませんが、その可能性は非常に高いです。そして、ステージ的にもかなり進行が進んでいる可能性も高いです。2週間後はどちらにいらっしゃいますか?
アメリカです。



2013年2月末のことだった。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。