アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話③

1 / 4 ページ

前編: アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話② 突然の出来事


あ〜戻ってきた


4ヶ月ぶりのアメリカ。

って言っても、16時間で着いちゃった。


24時間あれば、世界中どこでも行けそうだね。

便利な時代だ。



アメリカに戻った俺は、日本語を教えるというバイトをやり始めた。



バイトをしながら、空いた時間で情報を求め、インターネットで色んなことを調べていた。


終わったら授業へ。


それから身体を鍛え、バスケをするという毎日。


何一つとして、不自由のない日々。


更に香港人の彼女もできた。

幸先良し。笑



そんなある日。


母からSkypeがかかってきた。


手術を受ける。
えっ!?


何も聞いてなかったからビックリ。

手術?


卵巣がんらしくて、子宮も摘出しなあかんねん。
良磨が生まれ育ったところやし、来週には手術で急やねんけど、手術の時だけ帰ってきてほしい。


急展開すぎる。



来週って。

1週間後やん。


みんなの読んで良かった!