小学校教員が安定した職を捨て、家族を日本に残し、発展開発国に単身赴任した話(5)

1 / 2 ページ

前編: 小学校教員が安定した職を捨て、家族を日本に残し、発展開発国に単身赴任した話(4)

教師をやめて私に何ができる?

問い続けていた私に転機が訪れたのは、

チャーリーさんの投資クラブに入って4ヶ月目。


当時(今もあるかしら)香港・珠海・マカオツアー

というのが開催されていて、

私はそれに参加することにしました。


それぞれの国について知ることができ、

投資セミナーに参加でき、

投資を学ぶ仲間たちに会え、

そして何よりチャーリーさんに会えるという、

北海道の片隅にいて

セミナー等にもなかなか参加できない私にとっては

夢のような企画でした。


東京往復の飛行機、

東京での宿泊、

香港往復の飛行機などを予約して、

学校を休む間の補欠授業を組み、

私はうきうきとその日を待ちました。


ところが、

当時、中国の反日運動が激化しており、

私はある日の退勤間際に

このツアーが中止になったという連絡を受けました。


ショックでした。


帰り道、

車を運転しながら涙が溢れて止まらず、

道端に停車して声を上げて泣きました。


さんざん泣いた後、

またこういう機会はあるだろうし、

こんな時代だったのだと

懐かしく振り返る日も来るだろうと気持ちを切り替え、

飛行機、宿泊先、全てキャンセルして

帰宅の途につきました。


ところが、その翌日だったでしょうか、

「危険そうな珠海を抜いて、

 日程を変更してツアーを開催します」

みんなの読んで良かった!