ニューヨークから強制送還され、全財産3万円から年収1億円以上に成り上がった男の起業物語(前半)

1 / 2 ページ

井口です、

こんなメールが来ました。

-----Original Message------

「井口さん、

 私は37歳の平凡なサラリーマンの男です。

 年収は500万円くらい、

 仕事は営業で、嫌でもなく、

かといって大好きではありません。


同い年の奥さんと小学生の娘が2人います、 

 家も東京の郊外に30年ローンで買ったので

 今すぐ会社を辞めるわけにもいきません。


 ただ、

 ボーナスもカットされる中、

 親が入院したり、

 子供が中学校進学などで

 給料だけでは十分ではなく、

  何かとお金が必要です。


  私も副業を始めてお金を稼いだり、

  いずれはうまくいけば

  起業したいと考えています。


 ただ、その度胸は今はありませんし、

 何から手をつけていいかもわかりません。

 井口さんは私より若くして成功しているようですが、

起業してすぐにうまくいったのですか?


 起業した当時の話を

 詳しく聞かせてください。

 その話に説得力があれば

  井口さんのセミナーに行くことも考えます。」

-----End of Message------



かなり正直な思いをメールでもらい、

こちらも色々考えることがあった。


僕の起業当時の話を知っている人は

そんなにいないので、

今日から何日かにわけて

僕の起業物語を話していこうと思う。

興味があれば続きを書くのでいいね、

感想を書いてください。



----------------------------------------------------------------------

全てはあの日から始まった・・・

----------------------------------------------------------------------

2007年1月22日。

この日は僕にとって、一生忘れられない日だ。

25歳までアメリカで3年と5ヶ月大学生をしていた僕は、

日本の常識や世の中のことをよく知らないまま、

夢と希望を持って生活していた

アメリカのニューヨークから

大阪の実家に強制送還された。


アメリカで起業して成功できたらいいなという

若者の浅はかな希望はガラガラと音を立て崩れた。

まるで真っ暗闇の中に一人ぼっちで取り残されたようだった。

ただ、実家にいるには高額の教育資金のかかった

大学中退者&ニートには

両親の目があまりに痛すぎた。


貯金3万円だけを持って、

東京の東久留米の友人の家に

居候するために逃げるように引っ越してきた。

それが実は全てのストーリーの始まりだったとは

その時の自分は知る由もなかったのだが・・・


それから、8年後の2014年12月、33歳の年を迎えた私は、

壮大であり、無謀だった日本での目標を一旦達成し、

そのステージをアメリカに移すことにした。


そして、現在は本格的にアメリカのLAに本拠地を移し

ビジネスをスタートさせることになった。

今は、起業当初とは人生が180度違って見える。


仕事やプライベート、この長いようであっという間だった

旅の途中で出逢った多くの同志に、

今はただ感謝しかない。


----------------------------------------------------------------------

運命の始まり・・・

----------------------------------------------------------------------

25歳で起業した頃は、はっきり言えばそこらにいる

自己啓発セミナーに行って盛り上がっているが

その盛り上がりが過ぎ、

3日もすると元の生活に戻る単なる若造だった。


今振り返ると全く世間知らずで、

リスクしかなく、

自分の会員でそんな奴がいれば

間違いないく必死に起業を止めるだろう。


知識もセミナーや本でかじっただけ、社会経験は全くナシ。

留学時代は、セミナーに行ったり、

社会勉強しかしてなかったので、

常識もなければ、社交性もない。


起業家として成功する確率は

限りなくゼロに近かった。


セミナーで会った人に

「お前は名刺のまともな渡し方も知らないのか?

社会人失格だ! 」

と、初対面で怒らせたこともあるくらいだ。


しかし、ビジョンを描き、

それに向かう行動力だけには自信があった。

どうやって現在のように、


・累計15万部で5冊ベストセラーを書き、

・年商5億円で粗利8割の会社を一人の社員とでだけで経営し、

・自分の情熱を持った仕事をし、

・1年の半分は海外で旅をしたりビジネスをする


という人生が送れるようになったのか?

昔から僕を知っている人からすると、

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の井口 晃さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。