【Part 8】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~精神病棟へ入院編①~

1 / 2 ページ

後編: 【Part 9】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~精神病棟へ入院編②~

~入院生活から見えたもの~


・世界中から監視されている感覚


・母親も覚えていない、夕飯のメニュー。


・一月二十六日、僕は死にかけた


・入院前夜


・「俺はやついいちろうの息子じゃねえんだよ!!!」


・千原ジュニアさんが言っていた、「カテーテル」~一週間の束縛・帯同生活~


・解除。そして、また束縛・帯同


・「笑っていいとも!」の最終回だけ見れた。




・世界中から監視されている感覚


 ここまで出来れば、あとはちょっとの衝撃で、気が変になるのは目に見えている。


 家の中でも、監視カメラが仕掛けられていると思いこみ、部屋の中で暴れ回った。家の周りで工事をしていたので、玄関の扉を「ドンドン!」と、事あるごとに、ノックしてもらっていた。その時、必ず、普通の口調で、


 「どうされました~?」


 と、投げ返していた。


 昼休みになると、テレビには自分の家が、犯罪者の家として、生中継とされていると思いこみ、テレビをつけることが出来なかった。


 トイレの掃除をして、母親が迎えに来て、僕は病院へ連れて行かれた。






・母親も覚えていない、夕飯のメニュー。


 母親も、覚えていないという、焼き鳥の手羽肉が入ったカレーを食べたいと、母親に言っても、作った記憶が無い。と言われた。


 それぐらい、お互い疲弊していた。


 食卓で、刺身とご飯をちょうど半分しか食べておらず、母親が激昂した。自分も激昂して、イラつきながらご飯を食べ、二階へと登った。






・1月26日、僕は死にかけた


 エレ片のコント太郎の2014年一番最初の放送で、ゲッターズ飯田さんに対し、パーソナリティのやついさんが、「今年のエレ片の、悪い所って、何?」と、しつこく聞いていた。それに対し、飯田さんは、「1月26日に、エレ片にとって、大事な人が死にます。」という衝撃的な内容だった。


 自分は、1月26日の真夜中。母親と大喧嘩した後、自分の部屋で寝ることを拒み、父親の部屋で寝ることにした。


 最初は反抗心と怒りで、気づかなかったが、1月26日と言うのは、新潟では極寒で、暖房器具が無い父親の部屋で寝る行為は、自殺行為に値する。


 心臓が、「ドクン。ドクン」と波打つ時に気づいた。


 これは、お父さんが迎えに来てしまう。


 ゲッターズ飯田さんの言っていた、「1月26日に、大事な人が死んでしまう」の、大事な人って、自分の事なんじゃないか。と、思いこみ、自分の部屋で寝ることにした。


 そのまま父親の部屋で寝ることを決意していたら、父親と同じ、心筋梗塞で亡くなっていた、そして、この文章も書いていなかったかもしれない。






・入院前夜


 自分は、「最後の靴」のトラウマを発見した心療内科に行っていた。


 しかし、いつもと様子が違う。自分が来るや否や、看護士さんたちの自分への態度と、周囲への緊張感が急変し、まくし立てる電話の音、「本日は、都合により、診察が出来ません。」


 急にどうしたんだろう?


 そんなすっとボケていた自分だったが、トイレにひきこもって、結婚式のスピーチをしたり、認知症の小冊子を読んでいた。


 母親に促され、診察室のそばの席に横たわり、母親だけが診察室に入って行った。


 母親はなぜか怒られていた。理由は、自分しか原因が見当たらない。


 「どうしてもっと早く来なかったんですか!」


 そうやって怒鳴られていた。


 後々になって気づいたことだが、柏崎厚生病院で出されていた薬を、服用しなかったために、夜、眠れなくなり、支離滅裂なことを言い始めた為、もっと早く来てほしかった。という意味だったんだと思う。


 精神科医と言う仕事は、かくも難しい仕事だと痛感した。


 と、同時に、薬の服用に疑問を持っていても、医者の勧めを断つと、みるみるうちに、生活が一変していく。


 もし、治療や投薬に納得していない人がいたら、遠慮なく医師に相談した方がいい。



・「俺はやついいちろうの息子じゃねえんだよ!!!」


 、暴れ回った。母親への不信感からか、女性を見ると、怒りをあらわにしていた。


 絶賛、世界中に監視されているキャンペーンを実施しているので、窓も怖かった。みるものすべてが怖かった。そのまま自分は、病院へ入院する事になった。


 始めの入院から、10年経った出来事だった。






・千原ジュニアさんが言っていた、「カテーテル」~一週間の束縛・帯同生活~


 とにかく、暴れ回ってしまうので、両手両足を拘束され、生殖器には、カテーテルを挿入された。テレビで千原ジュニアさんがおっしゃっていた奴だと思い、激しく抵抗したが、挿入されてしまった。


 泣こうにも、涙を手でぬぐえない。


 かかりつけの赤羽先生には、


 「ここは、ジャパニーズ・プリズンブレイクだ」と、大変失礼なことを言ってしまった事を思い出している。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。