【後日談】「そういうわけで、初心者のためのバスケットボールチームができました」

前話: 【メンバー募集】「そういうわけで、僕たちはバスケットボールを始めることにした」

【メンバー募集】「そういうわけで、僕たちはバスケットボールを始めることにした」を書いてからはや2年・・・。後日談を少しだけ書いておきます。


<結果報告>

結局、チームは立ち上がったのか?


立ち上がりました。予定からだいぶ遅れましたが・・・。
募集を始めてすぐ、スポーツ科学専攻の女子学生がコーチ希望で連絡くださったり、近くでバスケをやっている方から連絡があり、数回練習もしました。
が、肝心のチームは立ち上がらず、1年近くもがいていましたが、2014年12月にようやく社会人初心者のためのチームを立ち上げることができました。

(追記)

そして、設立から2年が過ぎた今(2016年11月現在)、50名を超えるコミュニティとなり、専属コーチもついて、毎週都内で練習しています。

チーム名:DECS TOKYO

https://decs.tokyo/main/

チームができた経緯、その後の2年間で大きく人生が変わったことについては、いつか機会があればまたStoryを書きたいと思います。

ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の伊藤 悠さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。