”2万人の中から選ばれたあの女優と同棲したけれど” 東証一部上場企業No.1営業マンがコテンパンにされて、全く太刀打ち出来なかった話

1 / 2 ページ

今日も一日、はじまるのか・・・


やっぱりつまらない。セブンイレブンで朝食を買う日課をこなしながら感じていた行き詰まり


この仕事を続けている以上、毎日電車に揺られて同じ職場に行く日々が見えている。



やったら出来る。


日本で一番の営業成績。



そんな安心感と、華やかに見えていた生活も、これから出逢うある人から見ると、私の人生は完全に終わっていました。


           ある人(画像はイメージです。)



もうすでに自分の中でノウハウ化されていた営業方法

一年前に決死の想いで飛び込んだフィリピン英語留学のおかげで、六本木の英語客は独り占め



絶対に負けるはずが無かった。

なぜなら、守りに入っていたからだ。




六本木で4年間働いて、わたしの中でいちばん伸びた能力



それは、人を見る目でした。

(肝心な自分は見れていなかったので偉そうなことは言えないのですが・・・)



業界は伏せさせていただきますが、わたしが働いていた会社は、B to C (企業と個人)の契約がメインのお仕事で、日々、グローバルな街、六本木で営業と契約をこなしていました。



六本木で働いていなければ見ることも無かったであろう


買えないものが無いと言われているダイナース

Premiumカード


ステータス中のステータス American Express

ブラックカード 


そんな世界最強の武器を持っているのにも関わらず、審査落ちする


正真正銘本物のブラック


がいたり、大変貴重な経験をさせていただいていました。



『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?年収1000万円を目指すなら、5万円の財布を買いなさい。』

の亀田 潤一郎さんが、500人以上の経営者の財布を見てきて、年収200倍の法則


《財布の購入金額×200がちょうど持ち主の年収を表してしまう》という法則を見つけましたが


私は、計5,000人以上の高所得者(年収1000万円以上)に毎日出逢い、お話をすることが出来まして


履いている靴、着ているブランド、洋服やスーツのよれとしわ、財布の外見、ポイントカードの有無、持っている身分証、身体の姿勢、表情、話し方、会話、契約サインの書き方などから



人の年収をずばり当てることが出来るようになりました。



私が見ていたこと

・靴の踵と靴底のバランス

・靴はピカピカに磨かれているか

(100均の靴磨きスポンジか否か)

・シャツにシワがないか

・パンツがよれていないか

・財布は角ピンか

・領収書、ポイントカード、診察券の有無

・姿勢と表情と自信

・人の話を聞けるかどうか

・契約書のサインの書き方



『夢を叶えるゾウ』で書かれている教え


・靴を磨く

・毎朝、全身鏡を見て身なりを整える

・運が良いと口に出して言う

・プレゼントをして誰かを驚かせる

・毎日感謝する

これは、

紛れもなく全てやった方がいいと思います。


高所得者の方に共通しているみんなが知りたくない真実


一般常識を気にするな等と自己啓発本には書かれがちですが、あれはあくまで宣伝文句であって、

お金もちの皆さんは自己ルールを持っているのにも関わらず、一般常識を徹底されています。

一つ一つが丁寧で、お金持ちだからと言って、お金を投げて払う人なんて数える程しかいませんでした。

そして、彼らの自己管理は凡人ではありません。人の批判をせずに自分自身と向き合って見つめ直す。

やることをやっているから結果を出していたのです。宝くじを買って大逆転!なんて人々ではないのです。



地方では絶対なるステータスのベンツやレクサスが



もはやお安い世界、六本木。



フェラーリ

ランボルギーニ

ロールスロイス

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の神谷 純平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。