”2万人の中から選ばれたあの女優と同棲したけれど” 東証一部上場企業No.1営業マンがコテンパンにされて、全く太刀打ち出来なかった話

2 / 2 ページ



こんな車が公道を平然と走っています。




わたし
もう、なんだろうねーこの街は。これが東京都港区の底力か。底力。いや、底じゃないでしょ。そこじゃ。
同僚
あのさ、底の話はもういいんだけど(苦笑)ジュンペイ、そういえば今日バイト来るらしいよ?
わたし
そうなんだ!うちにバイト???
同僚
なんでだろうね??
わたし
うちにバイトって必要なのかな???
同僚
たまには新しい人と話すのもいいよね。
アルバイト
トントン(誰かが事務所のドアをノックする)
同僚
はーい!
わたし
はーい!
アルバイト
おはようございます!本日こちらの現場に入らせていただきます、本田はるか(仮名)と申します!よろしくお願いします!(深いお辞儀)
同僚
・・・・・
わたし
・・・・・




ニコニコと満面の笑みでこちらに向かってくる彼女。



キラキラした大きな目に、すらっとしたモデルのような脚、そして艶のある綺麗な髪



笑った時にちらりと見える八重歯が、美人なのに、雰囲気をやわらかくする



それだけじゃなくて、なんか芯が通ってるこの子は何者なんだろう?



なにか、とんでもない大きなことを隠されている気がした。。


わたし
あの、普段はなにをされているんですか?
アルバイト
普段はお稽古してます!来年、演劇があるんです。
わたし
来年ってもう来月ですね!
アルバイト
そうなんです、お仕事がんばらなくちゃ!



そんな当たり障りない会話で終わりかけた一日



わたし
そういえば、Facebookしてる?


この一言が、わたしの人生を変えるきっかけになったのです。



そこからLINEを交換し


3度のご飯デートを経て、また地元が一緒だったと言う共通点もあり



この方とは出逢って1週間で、お付き合いをはじめさせていただくことになりました。


テレビを1年に数回しか見ないわたしは、この子の存在を知りませんでした。

家に遊びに行くと、部屋の一角に、ファンの方から贈られたお菓子やスワロフスキー、見たことの無いような高級入浴剤が山積み。

LINEの通知が、テレビに興味の無いわたしでも見たことのある名前。

AKB48のメンバー、神田さやかちゃん、Def Techを含め、歌手が多かったです。

ただ者ではないな。そんなことを思わざるをえない毎日。ググってみたら2万人のオーディションから選ばれてそこから有名になったらしいです。


ふと、あの日アルバイトに来た理由を聞いてみたら


"これから役作りする女優業の為に、事務所にこっそりと隠れてアルバイトを演じたという。
とんでもない行動派でした。"


それから知ることになった

STORYS.JPだけで公開する,2万人の中から選ばれた女優と生活して得た成功の秘訣



ある晴れた日の午後、ベランダで二人でドーナツ食べていた時です。



女優H
そういえば、ジュンペイは何で六本木で働いているの?

あー、それは、断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話でゴンちゃんママに出逢って、周りの人を幸せにする大切さを知って、その気持ちを温めてきたら辿り着いた場所がここで、それからずっといるんだ。



女優H
そうなんだあ、ジュンペイの夢ってなに?
わたし
世界中にいる友人と笑って、好きな時に好きな国でご飯を食べることだね^^
女優H
素敵な夢じゃん^^
わたし
だから、いつか外国で働きたいんだ。
女優H
そっかあ 辛いけど応援する!!

一緒に居られなくてもはるか、だいじょうぶだよ

夢、叶えて欲しいから

だけど、これからもずっと一緒にいてね!
わたし
もちろん!
女優H
それでいつ海外行くの?
わたし
来年の一月にしようと考えてる。
女優H
え、今じゃないの?なんで今しないの?
女優H
いつ、わたしはジュンペイの夢を見ることが出来るの?
女優H
それは何で今出来ないの?
女優H
出来ない理由を探すひとなの?出来る理由を探すひとなの?
女優H
その人生って面白いの?わくわくするの?


思いがけなくベランダで始まった怒濤の質問攻め。



この子と話して行くなかで知った女優の流儀

”出来ないことは何もない。ただ、ひたむきに自分と立ち向かえ”




同棲して知ったトップ女優の真実

・立ち止まって考えずに、行動をしながら解決をしていきます

役を断りたくないから、ダンスなんてやったことが無いのに、時間を見つけてダンスレッスンに通い詰め、玄関でふらり


・出来ない理由は出来る理由

なんで出来ないかを突き詰めて一つずつ確実に潰していきます


・先輩や後輩などの人間付き合いをないがしろにしません

忙しい中でも連絡はマメに返し、ブログにも今日の様子をニコニコ笑顔で投稿


・自己管理が徹底されています

首にしわがつかないように枕は使わない。のどが枯れないようにマスクを着用して就寝


・周りの人を大切にします

帰ってくるのはいつも深夜1時〜始発。そんな状況で、朝起きて送り出してくれる彼女。



そんな素敵な人生観と出逢って

手遅れだと分かっていても、

すべてを捨てて挑戦すると決めた退職。


いつから、こんな妥協する人間になってしまったんだろう。

いつか、起業してさ、仲間と笑って世界で飯を食いたいの”いつか”は、しないことよりもたちが悪かったのです。


時間がないとか、お金がないとか、自信がないとか、武器が無いとか、人脈がないとか。

女優Hに言わせたら、全部したくない言い訳。自分を守りたい言い訳だったんです。

自分の実力不足をどこかで気づいていて、それを隠すために環境を整えていたわたし。



そんなことはすぐに見透かされ



コテンパンにされました。



その後わたしは改めて、徹底した人生の断捨離を再開することになります。


↓↓↓↓

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話



最後までお読みいただきましてありがとうございました!




*あれから3年、おかげさまでいま。年間3分の2を海外で過ごし、「好きな時に好きな場所で仲間と笑ってご飯を食べる夢」を実現しています*


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JUMPEIのFacebook

友人申請はSTORYS.JPを読んだと一言メッセージをいただけますと100%承認させていただきます*


旅をしながら仕事をする方法を教えて欲しいというお問い合わせが多かったため、はじまりの手紙として読み切り連載でまとめています。よろしければ、ご覧くださいませ。



出典

夢を叶えるゾウ 水野敬也 

/稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? 亀田潤一郎



JUMPEI

著者の神谷 純平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。