ぼくは霊能者「おもしろ体験編」その1


※過去のブログの記事を転載しております。

リアルタイム記事をご覧になりたい方はブログへ。

http://bit.ly/1rYFu3z


今では自分でONOFFの切り替えができるので、OFFの時は何も見えない。

ONの時は色々なものが・・・


って感じですが、コントロールできない時代は色々と見えておりました。


交差点でたたずむ人←これは怖いから絶対目を合わせない・・・


神社で虫に宿る神様。


自分が死んだと気付いていないおっさん!


色々おりますが、


一番笑ってしまった出来事。。。。


ある日、家族でお墓にお参りに行くと・・・


一人しょぼくれているじいちゃん。


ん???


これは誰にも見えていないよな・・・


周りに人がいたので、いきなり話しかけると自分は変なヤツに思われるので、


タイミングを見計らってじいちゃんに聞いてみると・・・


じいちゃん「これこれこーであーで・・・」


大爆笑(笑)


僕「じいちゃんそれで困っているのか!?」


じいちゃん「笑い事ではない!!俺の事が見えるなら何とかしてくれ!!」


僕「何とかしろって?こんな人初めて見たから、何とかできるかわからんよ・・」


じいちゃん「何でもいいから何とかしてくれ・・・・」


僕「まぁいいか・・・絶対とは言い切れないよ!」


じいちゃん「ありがとう (T-T)」


それからじいちゃんを連れて帰り、さぁどうする???


態度の悪い陰陽師に「何とかしてくれない???」


と頼んでも「自分でやれ!」


はいそうですか・・・・


よく成仏していない方は自分の守護の存在にお願いすると、連れて行ってくれるけど、


今回のケースは特殊なので、それができない・・・


ん〜〜〜困ったな。


試行錯誤をする事数週間。


ある事がキッカケでじいちゃんは成仏していった。


さぁ何がキッカケだったのか???


そして僕が大爆笑したじいちゃんがおかした過ちとは???


次回に続く Σ('ω’*)



これは僕が実際に体験した事を綴っております。

けして頭がおかしい訳ではありません(笑)


※今日の記事は面白い!という場合には

ぜひシェアしていただけると大変嬉しく思います!!



ぼくは霊能者「おもしろ体験編」その2


足の先から頭のてっぺんまでスピリチュアルな男櫻井です Σ('ω’*)

謎が多い櫻井さんを少し知って貰おうシリーズ!!


新連載でございます♪

今回は体験談を書かせて頂きます。


僕にとって日常な事なので、面白いのか?と疑問になりながら書きます。



前回からの続き・・・


あるキッカケでじいちゃんが成仏。


それはたまたま焚いた「お線香」


お線香の煙は何かと便利で、煙に想いや色んな物が乗ります。


だから先祖に手を合わせる際に、お線香を焚いて感謝の気持ちを心で唱えると、


自然とその想いが煙に乗って先祖に伝わるって仕組み。


でも何でお線香で解決したんだろうか???


よし!成仏したじいちゃんに聞いてみよう♪

※タイミングが合うと、成仏した人と会話ができます。


うんうん・・・


そうかそうだったのか!!!


なぜ早く言わない!?


まぁ聞いていたところでも解決策はわからなかったけど(笑)


じいちゃん曰く、「あの時は死んですぐだった」と・・・


なるほどね。


49日が終わるまで魂はあっちにいかない!


何て言われるから、丁度お線香を焚いた火が49日だったみたい。


へ〜〜〜〜一つ勉強になったわ♪


お互いがお互いに感謝をして、じいちゃん成仏できない事件終了〜〜〜!!


そういえば何で大爆笑したかって???


だってじいちゃんが・・・・


「死んだら墓に行けば良いと思ってきたら、何もならなかった!」


だそうだ(笑)


お墓って先祖が眠る何て言うけど、何もいないからね。


因みに・・・

自慢げに「墓掃除した!」って写真撮ってる人は辞めた方がいいよ。


お墓は見世物ではないですよ。



終わり・・・・


これは僕が実際に体験した事を綴っております。

けして頭がおかしい訳ではありません(笑)


LINE2

ぼくは霊能者って何??

霊能者という肩書きを持ち、

頭のてっぺんから足の先までスピリチュアル人間が書く、

現実的と非現実が融合するブログの事。

能力が目覚めた瞬間!
ぼくは霊能者第一話に掲載しております。

ぼくは霊能者


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。