ブラック企業の脱サラ凡人が本を出すテレビ出演アーティストになった金コネ才能なしの成幸物語10

前編: ブラック企業の脱サラ凡人が本を出すテレビ出演アーティストになった金コネ才能なしの成幸物語9
後編: ブラック企業の脱サラ凡人が本を出すテレビ出演アーティストになった金コネ才能なしの成幸物語11

ついに出版が実現


     


出版決定のメールをいただいた後、打ち合わせのために出版社を伺いました。


そこで本の構成やタイトル、表紙のイメージ、印税などについて話し合いました。


「どのように本ができるのか」その流れにも興味があった僕は、どんどん自分のイメージと出版社のイメージを融合していきながら修正点を挙げていきました。


12月上旬で出版決定して、原稿の整理を集中してやった年末年始


ある山に登ったり、出版にやり取りに追われるなど、初めて正月らしくない正月を迎えた僕は人生の波を改めて考えるようになりました。
(おせち料理すら食べるヒマがないのは初めて。スノボも見送り)


・なぜ、このような流れで出版に向かっているのか?

・なぜ、この時期に出版することになったのか?

・なぜ、この出版社から本を出すことになったのか?


これらについて考えながら、未来を想像していきました。


そして、出版社の方々と何度もメールでやり取りをしていき、ついに原稿とカバーが印刷されることになりました。


やっと自分で自分の本を手にする時がきたのです。



「ついに、夢が叶った~!」


19才の時にカントリーマアムをほおばりながら叫んだ漠然とした夢が、10年経った今、実現することになりました。

(パート1参照)


想いが具現化した時の喜びは、何事にも代えられません。


お金ではもちろん時間をかけたからといっても、得られないこの想い。


こういった想い、無形の幸福感は行動の積み重ねでしか得ることができない特別な感情だと思います。


自分の本が3000部印刷された後は、書店やインターネットで購入できるように取次会社へ訪問しに行きました。



出版は恋愛に似ている


出版は恋愛に似ていると出版する前に聞いたことがありました。


出版が実現するとそれはよく理解できます。


確かに、作家と編集者が出会う場やタイミングは自分では決められない御縁によるものだと思います。


そして、出版が決定することは結婚に等しいと僕は考えています。


編集者との二人三脚で一冊の本を生み出す。

それはまるで出産のようであると思います。



男性(作家)と女性(出版編集者)が出会い、病院(出版社)で子ども(本)が生まれる


それくらい出版とは人生の一大イベントであって、御縁が大切だということも理解できるでしょう。


なので、まず本を出そうと思っている人は、自分を磨く必要があると思います。


それは目に見える実績を出すことだったり、文章を書くスキルを上げることだったりします。


そして、本を出す前に「本を出した後、どんな人間像になっていたいか」というゴール設定をすることが重要だと言えます。


それは、パート4でも書いた「カリスマ」「大家」「職人」の3パターンに分かれる。


カリスマとは、思想や世界観を伝えるコンサルタントや自己啓発本などの著者がなるタイプです。

メディア出演を目指す僕はこれをゴールにしました。


大家(たいか)とは、体系化したノウハウを教える先生やノウハウ本を書く著者がなるタイプです。

人に教えることをメインにしていきたい人は、これに設定すると良いと思います。


職人とは、技術をゼロから解説する研究者や専門家がなるタイプです。

まさしく一つのことに没頭できる職人気質の人は、これに設定すると良いと思います。


<出版の夢を叶える成幸ステップ 10>

・出版が決まるまで自分を磨く

・御縁とタイミングを待つ



パート11:無名作家が作家デビューするために知っておきたい2つの道

につづく。。。




*出版決定!


             


2014年に書き溜めていた僕の人生が本になりました。


凡人高校生からテレビ出演するアーティストまでの具体的な「ストーリー」、人生を変えてくれた「成幸者たちの教え」、凡人でも最速で「夢を叶える生き方」については、この本をお読みください。


●タイトル:『金なし! コネなし! 才能なし! でも 人生を後悔しない“僕が選んだ生き方"』

●出版社:メタモル出版

●著者:スプレーアートアーティスト YOSHI / 川名慶彦 

●ISBNコード:978-4895958738

●価格:1,300円(税別)


『金なし! コネなし! 才能なし! でも 人生を後悔しない“僕が選んだ生き方"』の購入キャンペーンページはこちらです。



*内容紹介


スプレー缶を操り、短時間で幻想的な絵を書き上げる『スプレーアート』の第一人者、スプレーアートアーティスト YOSHIこと『川名慶彦』による初の自伝。


今でこそテレビなどでスタジオの喝采を浴びるアーティストだが、かつてはコンプレックスの塊だった!


金なし! コネなし! 才能なし! 

三流高校→ブラック企業→脱サラ貧乏という中で、見つけた光とは?


一度アーティストとして成功をつかみかけるも、自分を見失い仕事ゼロのどん底を経験、そこからいかにして這い上がったのか?


いかにして夢を見つけ、その夢を自分のもとにたぐりよせるのか?


波瀾の半生から学び取れる「凡人でも好きなことで生きていく方法」。



*出版社からのコメント


幸せになりたい!  成功したい!  ビッグになりたい! 

そんなふうに考えたこと、ありませんか?


でも、凡人だから自分には無理。

ほとんどの人が、漠然とした成功を夢見て、簡単に諦めます。


でも、夢をかなえられるのはもともと才能があったり、環境に恵まれていたりする人だけではないのだと、『スプレーアートアーティスト YOSHI』さんが教えてくれます。


落ちこぼれでも、凡人でも、意識さえ変えれば夢をつかむ権利は誰にでもある! 

好きなことに夢中になって、それで生きていくためのヒントが詰まった一冊です。


>本の注文ページはこちらです。


*著者リンク

●スプレーアートアーティスト YOSHI オフィシャルサイト

続きのストーリーはこちら!

ブラック企業の脱サラ凡人が本を出すテレビ出演アーティストになった金コネ才能なしの成幸物語11

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。