へその緒の記憶 2

1 / 5 ページ


生後9か月の私にできたことは…「目の前にいる女性を 母親だと思って過ごすこと」だけでした。


「目の前にいる母親」と妹が 私と全く、似ていないことに気が付いたのは

 いつだったでしょうか?


私は いつも 「自分が ここにいてはいけないような疎外感」を感じながら…「母」の 私への「無言の拒否」の表情を見ながら…日々を過ごしていました。


私が小学校1年生の時に二人目の妹が産まれました。その妹も「4歳年下の妹」も 「母」に似ていました。


小学生の時…私、一人だけが血液型が違うことを知った時…「私は ママの子どもじゃないのかな?」と泣いたこともありました。


小学生でも そんなことを疑問に思うぐらいに…私は 「自分と 母や二人の妹達との違い」に心を痛めながら深く傷付きながら 誰にもそのことは言わずに 「母や二人の妹や父の前では笑っていました」…そして、一人になった時に泣いていました。


私には「ある時期の記憶」がありません。「母の私への虐待」が始まった時から終わった時までの記憶が失われてしまいました。


その頃の私の写真は…どの写真も無表情で 友達と笑うことがあっても どこか 冷めているようで…心が死んでしまっていました。何をしても本気で心から笑ったことがなく、「将来の夢を考えたこともなく、夢が持てない子ども」でした。自分のことを冷めた目で見ながら…心のどこかで否定しながら…自分の家なのに…自分は ここにいてはいけない子どものように思いながら…毎日を過ごしていました。



その当時のことを 4歳年下の異母妹と初めて話し合ったのは…。


私は、26歳の時に結婚した夫と二人で29歳の時に兵庫県から北海道へと移住していたのですが…その翌年、祖母が亡くなり…祖母の葬儀で大阪の実家に戻った時でした。




異母妹と、子どもの頃のことを話をしていた時で…異母妹から「お姉ちゃん、子どもの時に ママから怒られた時、かなり酷い扱いで…虐待としか思えない状態だったよね?」と言われましたが…私は その時まで何も思い出せなかったのです

その妹から 「私が 母からの虐待行為を 小学校5年生まで受けていたこと」を

「自分が受けていた虐待の事実」を 初めて 聞いたのです。


そのことを聞いた瞬間に 涙が流れて来て、「全然、覚えていないこと」を妹に伝えると、

私が何も覚えていないことに、異母妹は驚きながら…「お姉ちゃんが、小学校4年生ぐらいの時だったんだけど、ママは、泣き叫んでいるお姉ちゃんを、無理矢理、引きずって、水浸しの犬小屋に入れてたよ。お姉ちゃん、その時、裸足だったよ」と…。



私が4歳の時…父は、勤めていた不動産会社の東京支社の支社長に、と誘われたのですが…父は、独立する道を選ぶことを決断して…。


私が、幼稚園に入園する頃(2年保育だったので4歳の時)…不動産会社の社長として独立したのです。(中古住宅を購入し、引っ越しました。)


父と継母の不仲は ずっと続いていて…父は継母に 時々、暴力を振るうようになっていきました。


私が小学校入学と同時に引っ越した場所は…今から約40年前の大阪の阪急沿線で、人口10万人程度の都市の…100坪の土地に新築した一戸建ての家で…今、思い返せば、自分でも驚くぐらいの裕福な生活でした。常に、2匹のシェパードが庭を走り回っていて…犬小屋は、大型犬が2匹、歩き回れるぐらいの広さがありました。



みんなの読んで良かった!