☆滅ぼし物語☆2期3章

1 / 4 ページ

☆滅ぼし物語☆2期

第3章

ソルはハルトを学園に残し、フィリニアとともに地震を起こしたモンスターを退治するべくマルーナ街の地下水道の奥地へと足を進める。その途中、小型のモンスターたちがソルとフィリニアの前に現れた。

この物語は不思議な世界に再び入りこんだソルが過去を旅するストーリーである。

1話(久々の戦い)

ソルとフィリニアの前に現れたモンスターは戦かったことがあるバットデビィだった。

ソル「行くぜっ!」

ソルはバットデビィに近づき剣を振り下ろす。だが、剣はバットデビィの横を通りすぎた。

ソル「くっ。」

フィリニア「力任せにしてはだめ。よくモンスターをみて」

バットデビィ「キュエエ!」

バットデビィはフィリニアに噛みつこうと素早く近づいた。

フィリニア「えい!」

フィリニアは火の魔法を唱えた。杖の先から火の玉が発射され、バットデビィに命中する。

バットデビィ「キィキィ...」

火がバットデビィを包み、地面に転がり苦しんでいる。

フィリニア「とどめをお願いします。」

ソル「は、はい」

ソルは剣をバットデビィに突き刺した。そうすると、鳴き声をあげつつ動かなくなった。

1話 完

☆バットデビィ☆再説明❗️
   説明、洞窟の少し奥で群れている人型の黒い悪魔。背中に小さい翼が生えていて飛行することができるが長時間は飛び続けることはできない。主な攻撃は体当たりや噛みついて攻撃をしかけてくる。バットデビィは生き物の血を吸い取って成長する。長い年月を経て成長するとバットデビルになる。

2話(バットデビィの群れ)

ソルはバットデビィから剣を引き離した。地下水道は異常に静かで、外は雪が降っているため寒気まで感じる。

ソル「焦りすぎたか・・・」

フィリニア「あの、大丈夫?まるで戦ったことのない人みたいに感じたんですが・・・」

ソル「いやいや、久々に戦ったから仕方ないよ....ハハハ」

ソルとフィリニアは再び奥へと進む。その途中、奥から翼で羽ばたく音がすごい速さでこちらに向かってくる。

(バサッバサバサッ....)

ソルは剣を再び構える。奥からやってきたのはバットデビィが8匹。どうやら先程倒したのが仲間を呼んでいたみたいだった。

バットデビィA「キィキィ!!」

バットデビィB「キュエエ!!」

ソル「面倒だな」

フィリニア「そうね」

ソルはバットデビィに斬りかかる。振り下ろした剣は見事に命中してバットデビィが2匹倒れた。

残り6匹。

バットデビィC「キュエエ!」

バットデビィは恐れをなして逃げだし始めた。

フィリニア「逃がさないわ!」

フィリニアは雷の魔法を唱えた。杖から放たれた電撃が6匹のバットデビィを貫く。

バットデビィD「キュエ...」

バットデビィE「キィ..」

ソルはフィリニアが魔法を使っているところを見て、なんだか羨ましくなった。

ソル「魔法すごいな・・・」

フィリニア「そうでしょ。」

バットデビィが倒れている所を踏み越えてソルとフィリニアは再び奥へと進んだ。

2話 完

3話(マルーナ地下水道 奥地)

ソルとフィリニアは歩き続け、だだっ広い空間に出る。

ソル「着いた?」

フィリニア「えぇ。」

辺りを見渡したがなんの気配もない。水の音や外から吹き込む風の音しか聞こえてこない。

ソル「なにもいないみたいだな。じゃあさっきの揺れは・・・」

フィリニア「どうしてかしら・・・」

ソルはだだっ広い空間の奥側にある巨大な水たまりが気になった。

ソル「あの水たまりは?」

フィリニア「え?あんなところにいるかな?」

フィリニアは疑問に思いつつ、落ちている石を水たまりの中へと落とす。

(ガキッ)

石がなにかにぶつかり、水面に泡が上がる。

ソル「やはりな」

著者の高橋 ひろりんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。