第12話 マチュピチュの予言【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

1 / 3 ページ

前話: 第11話 人生を変えた旅ペルーⅡ【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】
次話: 第13話 ルカとの出会い【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

始まりの一日。






   何の為に生まれて 何をして生きるのか

   答えられないなんて そんなのは嫌だ!

                      



ノートの表紙に書き込んだ、やっと見つけた旅の「目的」。

インティとライミもこちらを見ていた。



ー地球上のすべての人にはその人を待っている宝物があるんだ。



アルケミストの大好きな一節とどこか似ている気がする。




そして目が覚めると、旅がガラリと変わってしまった。




一人でマチュピチュに行かないで




まほ
今日マチュピチュのチケットを買いに行って来ます!



珍しく朝早く目が覚めた。

お昼になる前にはもう外に出る用意もできていた。



宿のオーナーに元気よく宣言する。



マチュピチュはチケットを買わないと入れない。

しかも、ここクスコからはマチュピチュ行きの電車のチケットも必要だ。



スペイン語が出来ない私は、

ずっとその手続きをするのが怖くて行けずじまいだった。



だけどそんなの言っている場合じゃない。

旅は自分で動かないと始まらないんだ。



インターネットで、チケットが買える場所と必要なスペイン語だけをメモして、

いつものノートをカバンに入れた。




オーナー
本当に一人で大丈夫??これ、クスコの地図だよ。必要なところは◯しておいたから。

あと、パスポート持った?お金も結構かかるよ!気をつけてね。



心配そうに、宿のオーナーは地図を渡してくれる。

マチュピチュのチケットと、電車のチケットの買える場所に◯がしてあった。




うん!ありがとう!大丈夫!行ってきます!




そしてクスコのセントロに向けて宿を出ようとした。

※セントロ=街の中心地



と、そのときだった。



カバンに入れていた携帯が震えた。

宿のWI−FIが急に入ったみたいだ。



携帯の通話のアプリが光っている。



着信は日本にいる双子のなっちゃんからだった。



まほ
もう、せっかく行こうと思ったのに。



一瞬無視して行こうか迷ったけれど、

なんとなく、電話をとることにした。



日本からの電話を取れるなんて滅多にない。



いつもこちらからかけるか、

履歴を残してかけ直してくれるのを待つのが普通だった。



玄関の長椅子に腰掛ける。



まほ
もしもし、なっちゃん?



なほ
あ!まぁちゃん!よかった〜。どう?もう悩んでない?



まほ
うん!もう大丈夫!色々ありがとう。



そういえば、なっちゃんとはスタバで泣き言の電話をして以来だった。



まほ
どうしたの?何かあった?



なほ
あのね、いい忘れてたんだけどどうしても気になって。少し前に不思議な夢を見たんだよ。

みんなの読んで良かった!

他10コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。