第13話 ルカとの出会い【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

1 / 12 ページ

前編: 第12話 マチュピチュの予言【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】
後編: 第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

マチュピチュに行くタイミング

※前回の話はこちら⇒第12話マチュピチュの予言



宿の扉を思い切り開ける。



クスコの街は快晴だった。

青い大きな空と、街をくるりと囲む山が気持ちがいい。



私は地図を見ながら、

とりあえずマチュピチュのチケットが買える場所を見に行くことにした。

 


 ー 一人では行かないで!必ずタイミングが来るから。



なっちゃんから言われた言葉がどうしても気になる。



 ータイミング、一体何のことだろう。いつ来るんだろう?



考えても仕方がない。とにかく動くしかない。



クスコの街は石造りの細い道が続いている。




道の両側では、お土産屋さんやご飯屋さんがぎゅうぎゅうに並んでいた。



客引き
ヤスイヨー!


客引き
トモダチ−!ハポン!



客引きたちの変な日本語をくぐりぬけ、細い路地を抜けていく。

みんなの読んで良かった!