2度目に通った声優養成所/新世界編(最終話:後編)「そして現場へ. . .」

1 / 2 ページ

前話: 2度目に通った声優養成所/新世界編(最終話:前編)「 そして現場へ . . . 」

<知らない番号の正体>



お待たせしました。

最終話の後編、ラストです。


最終審査の結果がいつまでたっても郵送されて来ず、

もうすっかり落ちたものと思い込んでどんよりしていた私のところに、

突然かかってきた知らない番号からの電話。


コール音が鳴り続ける中、しばらくその番号を凝視していましたが、

相手が誰(何)なのか一向に思い当たらない。


何かの勧誘か?

それとも借金の取り立て?いや借金はしてないよ。

携帯料金はこないだ払ったばっかだし、

家賃だって滞納はしてないはず...云々。

一瞬の間に色々考えて、結局私は、

その電話を思い切って取ってみることにしました。


ヒグチ「はい.....(怪)もしもし......?」


知らない人「あっ、ヒグチさんの携帯でしょうか?俳協ですけれども〜。おめでとうございます〜」



.......ファ?俳.....?

おめ.......?( ゚д゚)





....ぉおお

....おおおお!

お お お お お お っ っ !!

そ、そうだったのかーーーーっ!!!



...そう。

実は、郵送で知らされていたのは全て不合格通知だったということを、

私はこの時、初めて知ったのです。

合格の通知は、直接電話で知らされたんですね〜(驚)

てか


な  ん  だ  よ !!

(ドンッ/叩

それならそうと事前に言ってくれよ!!

私がどんな思いでこの数日を過ごしたと思ってんだよ!!!

人生リセットしようと思ってたんだぞ!!

クソッ!クソッ!クソッ!!(ドンッ、ドンッ、ドンッッ


...れ、連絡ありがとう〜〜〜〜〜っ!!!

(じゅわぁぁ〜/涙



Na「 僥倖!!圧倒的 僥倖!!!」






さらに驚いたことに、この期の合格者はなんと、

私、ただ1人。

12人中、たった1人だったのです。

最初の受験者数から考えれば、相当な倍率を勝ち抜いたことになります。

ここでふと蘇る、入所試験の時の自分の受験番号。


「1」


この偶然。

この奇跡。

最後に生き残ったのは、1番最初に受験申し込みをしたこの1番の人、

たった1人だったわけです。

その1人が、自分だったわけです。


ここまでの人生の中で、自分の身にこんなミラクルなことが起こったのは、

この時が初めてでした。

「自分はダメじゃない」という、ほのかな自信のようなものが、

この時初めて、少しだけ持てたように思います。


生まれてからこれまでずっと、とことん自分に自信が持てなくて俯いていた私が、

初めて自分から顔を上げることができた日だったように思います。

上京してからしばらくの間は、親に多少の金銭援助はしてもらっていたものの、

それ以外は全て、自分の力で勝ち取ったわけです。

幼少期の泣いてばかりいた自分に、今の自分の姿を見せてやりたいと思いました。

「あんたはダメじゃない」と、

その小さな肩を抱いてやりたいと思いました。



といっても、周りには、私がそんな弱い人間には見えていなかったみたいですが(笑)

でも、心の中にいる「もう一人の私」は、

昔となんら変わらない、クソ弱い人間なのです(´・ω:;.:...

その弱い自分を助けるために、今の強い自分が形成されたように思います。

でも、その強い自分をコツコツつくっていったのは、

結局その弱い自分なんですけどね(笑)


あ。

なんだか心理的な話に逸れてきてしまいましたね(´゚д゚`)

すみません。



さて、ここでN君の話題を。

N君もね、結構私と似ているタイプだったのです。

自分に自信が持てない(笑)

審査前も、私とほとんど同じ思いを抱えていたようです。

以下、ついこの間もらったメールの文面を

そのまま掲載します↓

(※ 本人了承澄み)


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

最終審査の時は、「自分の人生をガラリと変える」という強い意識と、

「やはり自分の人生は変わらないのだろう」という弱い意識の

戦いがずっとありましたかな


「受かりたい、プロになる」

「受かるわけ無い、所詮は素人」


そんな心持ちの繰り返しでしたね^_^


当日は「やってやる~!」って行ったのは良いけど、受かりたい気持ちに持っていかれて、

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の樋口 あかりさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。