宇宙人がくれた答え《第1話》自分の中の衝動の正体

1 / 4 ページ

後編: 宇宙人がくれた答え《第2話》意識の中に眠る先祖の思い

震災をきっかけにリーディングカウンセラーとなった私はある一つの壁にぶち当たっていました。


カウンセリングをしていると、過去に辛い出来事があった人はその思いを完全に心の奥底に閉じ込めて忘れていたり、そのことではもう傷つかないように感覚を麻痺させている。


その閉じ込めた思いや、麻痺させた感覚を取り戻さない限り、自分本来の人生を歩むことは出来ない。そう感じていたのです。


心の奥に押し込めた思いと言うのは、その人の中に確かに存在する。

でも、その他にも自分は気づかない思いが存在する。

どうあがいても自分で気づくことが不可能な思い。


それは何か?


1つは過去世での記憶


そしてもう1つは・・・・


肉体に刻まれた先祖の思いの記憶



何年前だったか、世界的に有名なアカシックレコードリーダーのゲリー・ボーネルの『ビュイック・ドライバー―新次元の叡智 (超知ライブラリー)』という本を読みました。


とても分厚い本で、目からウロコが落ちるようなことがたくさん書いてあったのですが、その中で何年経っても忘れられずにいたフレーズが


思い(記憶)は7世7代に渡って受け継がれる


と言ったようなもの。

詳しい数字は6世だったか7世だったか忘れてしまったのですが、とにかく過去世の記憶は7世ぐらい遡るものまで持っている。

そして、先祖の記憶も7代ぐらい前までのものを持っているということ。


それを読んだ時には、過去世は理解出来ても、先祖の記憶を受け継いでいると言うことがいまいちピンと来なかったのです。


ところが数週間前のこと。


クライアントのYさんが私のところに過去世リーディングにやってきました。


Yさんは、4ヵ月程前だったか通常のカウンセリングにいらした方で、今度は過去世も視てもらいたいと言うことでいらっしゃいました。


前回カウンセリングをした時に、現在の生活に影響を及ぼすようなトラウマや思考を見つけることが出来ず、それでも何となく細胞が生まれ変わるようなヒーリングやボディーワークをした方が良いと言うことだけは分かっていたので、それをするようにアドバイスだけしてお帰りいただきました。


そして今回、過去世をみたのですが、これもいくら視ても現在に影響を及ぼしているような過去世が出てきません。


おかしい。


みんなの読んで良かった!