1人目を失った話 序章

次話: 若輩者の挑戦

もう6年前。。。


1人目を失った年。

あの頃、僕は大学4年生。

自他共に認める劣等生生活を送っていた。

単位はギリギリ、卒業できないかも。

学業、卒論に対する情熱は正直ゼロ。

唯一やる気に燃えていたのは

地元で開催していたバカ騒ぎの飲み会くらい。


大学生活にやる気がないと不思議と

大学の友達も少なかった。


唯一、大学でやりたかったバスケは

2日でやめてしまった。


「遊びでやるのか」「マジでやるのか」どっちかにしてくれ。

半端なのが一番つまらない、


そういう理由でやる気をなくして、行かなくなったけど

それもあるけど人間関係を作るのが

面倒臭くて逃げてたのもあるかもしれない。


そういう逃げ腰だから勉強も追いつかない。

普通、大学に通ってるのに留年しそうな

間抜けな学生はほとんどいない。


しかしなぜか、うちの大学は単位の取得選考に

無駄なほど真剣だった。

1点でも不足すれば即落第、2回続くと

留年が確定する、そういうシステムだった。


1回目で半数の学生が単位を落とし、

翌年その半分がまた同じ単位を落とす。

そうして約25%の学生が留年していく

システムになっていた(と思う)


ただ、唯一、この頃楽しんでいた

飲み会にも変化が訪れていた。


参加メンバーは大学の友達、高校の友達、中学の友達、

さらにはバイト先の同僚までいろんな人を呼んでた。


これくらいの年代の男女が集まれば

当然、いろいろある。


そのいろいろあるのが面倒になって

しばらく飲み会の開催をストップした。


それから、3ヶ月くらい経った頃だろうか。


中でも特に楽しみにしていた気の良い

友人がバイト先を訪ねてきて言った。


T
飲み会はまたやらないの?
う〜ん、何かいろいろあるしね〜(^^;

そんな感じの会話でしばらくは

やらなくて良いかなと思ってたんだ。


ただこの事を後になって

あれほど後悔するとは、そしてこんな会話が

最後の会話になるとは、この時は気づいてなかったんだ。


どうでも良い些細な会話が僕にとって

生涯忘れられない会話になってしまう事は

やっぱり後にならないとわからない事だった。


カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

若輩者の挑戦

著者の高田 雅俊さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。